FC2ブログ

日本という名の惑星(バヌアツ編)

 どうもこんばんはライネです。
 
 昨日、新しい遊びを考えていてすっかり忘れていたのですが、
 「日本という名の惑星」が放送されていました。
 先生が録画しておいてくれたので、これは後で見るとして、
 今日は先に予習をしておきましょう。


 まず「日本という名の惑星」ですが、これは「和風総本家」という番組で、
 半年に一度くらいの頻度で放送される企画のひとつです。

 和風総本家そのものは毎週放送されていまして、
 ざっくり言えば、日本の隠れた魅力を扱う番組です。

 その中で、主に日本の事をあまり知らない国のテレビ局に、
 「日本についての番組を作りませんか?」と声をかけ、
 その取材に付き合うことで、他の国の人から見た日本を再発見しようというのが、
 「日本という名の惑星」です。


 今回、日本を取材した国は「バヌアツ」という国らしいので、
 今日はこのバヌアツについて調べてみましょう。

 バヌアツは太平洋の島国のひとつで、場所はこの辺にあります。

バヌアツ


 私は今回初めて知ったのですが、
 先生が言うには、日本人の男性ならば、知らないハズがない国なのだそうです。
 私よりも世界に詳しい人が言うのだから、そうなのかもしれないですけれど、
 性別を限定しているところに、いかがわしい匂いがしますね。

 
 方々調べたところ、バヌアツにある「エロマンガ島」という島が大変有名なのだとわかりました。
 最近では「イロマンゴ島」とも表記されるらしいのですが、確かに日本語話者の男性なら、
 ピンとくる島かもしれません。

 海洋にある島は、火山活動が活発なプレート境界に位置する島と、
 サンゴの島に分けることができるのですが、バヌアツの場合は火山の島が多いようです。
 そのため、日本と同じように地震や火山の被害に会うことも多いようですね。

 Wikipediaに寄れば、今から550年程前にバヌアツ周辺で起こった噴火によって、
 ヨーロッパの歴史も動かしたというから、面白い関係ですね。

 
 ちなみに、これもバヌアツに限った話ではないのですが、世界のほとんどの地域は、
 かつてヨーロッパの国々によって支配された過去を持っています。

 バヌアツの場合はイギリスとフランスによって支配された歴史を持ち、
 最終的には両方から独立してバヌアツ共和国が誕生したそうです。


 気候的には熱帯雨林気候ですが、やや赤道からは離れているため、
 まったくいつも同じ気温という訳ではなく、ほんの少しだけ涼しい時期もあるそうです。
 また南半球に位置しているため、日本とは季節が反対になっています。

 もし、取材が先月だとしたら、バヌアツはちょうど夏に向かう頃だったはずなので、
 ただでさえ寒い日本がより寒く感じられたことでしょう。



 さて、Wikipediaを見ていると、とても気になることが書かれています。
 「インターネットにおいてはウガンダ共和国のプロバイダを使うことが多い」
 という一文です。

 ウガンダと言えばアフリカに位置する国なのですが、
 これはどういうことなのでしょうか?
 Wikipediaにはこれ以上書かれていませんし、調べようにも何ら手がかりがないので、
 何かの間違いである事も考えられますが、正しいとして推測してみました。


 インターネット関係に詳しい知り合いに聞いたところ、
 インターネットのサービスに距離はあまり関係なく、自分の国でサービスを行わない場合、
 外国のサービスを受けることはよくあることなのだそうです。
 そしてウガンダもやはりイギリスの影響を強く受けた国です。

 たとえば、イギリスの企業の下請け会社がウガンダでプロバイダをやっていて、
 じゃあ、同じようなバヌアツも一緒に管轄しようというような流れなのかもしれません。

日本という名の惑星(バヌアツ編)・感想

 どうもこんばんはライネです。
 というわけで、今日は日本という名の惑星(バヌアツ編)の感想です。


 バヌアツの人にとって、日本は距離的にも近いものがあるので、
 ガンビアの時と比べると、日本の事を知っている人も多いようです。

 それにしてもサムライとかニンジャというのは、世界的に知られているんですね。
 この前、日本の空港にニンジャのパネルが展示されていると言うのを見たのですが、
 それだけ知られているなら、なかなかいいアイディアですね。

 そして、スタジオの反応からすると、日本の人はバヌアツの事をあまり知らない様です。
 先生は少なくとも成人男性は全員知ってるって言ってたのに!
 もしかすると、エロマンガ島って言えば知ってる人も多いのでしょうか。



 さて、そんなバヌアツの取材班ですが、伝統的な日本食としてスキヤキを扱いました。
 スキヤキ(上を向いて歩こう)という歌が昔アメリカで大ヒットしたというので、
 そういう関係でも世界的に有名なのでしょうか?

 ただ、バヌアツの場合、肉はもっと厚いステーキとして食べているらしく、
 薄いスキヤキ用の肉はハムだと思われていました。

 ちなみに卵を生のまま食べるという文化は、トリを育てていると普通なのですが、
 お店で買った卵を生のまま食べるというのは、どうやら世界的にはありえないことらしいです。
 日本の場合は生で食べられるクオリティを流通レベルで意識しているらしいので、
 ほとんど問題ないのですが、衛生環境が悪いと食中毒になってしまうそうです。

 ところが今回、バヌアツの人たちは普通にスキヤキに生卵を付けて食べてましたね。
 バヌアツも生卵を食べる文化があるのでしょうか?
 

 続いては枯山水です。
 水を使わずに水を表現するというのは、私も興味があるのですが、
 個人的には、上手く水を使っている日本の庭の方が好きですね。

 けれどもバヌアツの人が枯山水を注目したのにはわけがありまして、
 バヌアツは、昔、言葉が通じない島の間で、砂に絵を描いてメッセージを伝え合うという
 文化があり、これは世界遺産にも登録されているそうです。
 そういったこともあって、似ている文化として紹介したわけですね。


 そして、今回の取材の中で大きな扱いだったのは、なんとゴミでした。
 バヌアツは小さい島であることもそうですが、長い間自給自足の生活で、
 ゴミがあまり出ないという所だったのに、近年、観光業などを中心に経済が発展した結果、
 ゴミは一カ所に集めて埋めるしかないそうです。

 実はこの手の問題は、太平洋の島々で抱えている共通の問題らしく、
 リサイクルを含め、ゴミを分別して処理する日本のやり方に注目したという訳です。
 ゴミ捨て場、一般家庭、ゴミ処理場と、ゴミに関連する部分だけであちこちに回ったようです。
 他の国の取材ということで、観光だけではなく、こういった部分を取材するのは賢いですね。

 
 最後に温泉旅館に行ったのですが、バヌアツは火山国だけれど温泉に入るという文化がなく、
 日本の温泉文化を体験していました。
 観光地として発展しているので、もしかしたらバヌアツでも温泉ができるかもしれませんね。


 というわけで、またこの企画があったら紹介したいと思います。

伊集院光「のはなしし」を読んで

 どうもこんばんはライネです。


 掌の上で踊るようなことはあまり好きではないという性分なのですが、
 もしかすると、今日私と同じ行動をとった方が少なからずいる気がします。

 ちょうど一週間前、月曜日の深夜に、伊集院さんが今週の日曜日(現時点で言う昨日)、
 爆笑問題のラジオに出演するという話をしていました。

 そして同時に、爆笑問題のラジオに出演することを危惧していました。
 というのも、伊集院さんはちょうど先日お話ししたドーハの悲劇の直後に番組を行い、
 大変な目にあった経験があり、ちょうど昨日も日本戦の後の番組に出演する予定だったからです。

 たぶん普通の番組だったら問題ないのですが、爆笑問題の問題な方が問題で、
 伊集院さんが出演する以前に、番組内で反感を買うようなことをしていないか不安だったようです。


 そして、残念ながら、日本代表は負けてしまい、その直後にラジオが放送されることとなりました。
 先生をはじめとする伊集院さんファンの皆さんも、いったいどんなことになるのだろうかと、
 ラジオを聞いたのではないでしょうか?

 私も普段は聞いていないのですが、先生の部屋から流れてくるので、何となく聞くことになりました。
 内容自体は、世界の不思議を検証するという、これまた魅力的な内容だったのですが、
 特に期待するような問題はなく、伊集院さんがゲストで出演するコーナーになりました。

 伊集院さんと爆笑問題のお二人はわりと旧知の中なので、トークが盛り上がる中、
 お話しの中心は、先日発売された「のはなしし」という伊集院さんのエッセイ集です。


 「これが面白い」と宣伝されるよりも、「この話のここはどうだった」とか、
 著者とその周りの人の感想を聞くことで、ものすごく興味をもちますね。
 ついつい私も買ってきてしまいました。

 まだ、感想が言えるほど読んでいないのですが、今のところ言えることはふたつ。
 ひとつは、伊集院さんのラジオのフリートークがほとんどそのまま読める感じに近いこと。
 そして、もうひとつが、とても読みやすいこと。


 日々、ブログという媒体を使っている私にとって、後者は参考になりました。
 実は今回の記事も少しだけリスペクトして書かれています。

 文字や言葉で人に物を伝えるというのは、なかなかどうして難しいところがあって、
 「頭の中をそのまま伝えられればいいのに」と思うこともしばしばあるのですが、
 それでも、どうやったらよりうまく伝えられるのか研鑽を詰むことは、
 大切なことなんだなと知りました。



 ちなみにこの本を半分程度読んだところで、先生にも読んでもらったのですが、
 先生が一番ぐっときたのは、「好きなアニメ」の話で、
 伊集院さんが意図せず好きなアニメが全て出崎統という監督によるものだったというものです。

 これ自体は先生も知っているエピソードだったらしいのですが、内容よりも、
 「幼少期に熱烈に好きだった物が僕の人格形成の根幹を形成していることは
 疑いのないことだから、僕は知らない間に出崎監督に人格を育ててもらっていた
 ことになるわけだ。」

 という部分で、
 「だったら俺は出崎監督に人格を育てられた伊集院さんに人格を育てられたんだな」
 と、言っていました。

 幼少期に出会ったわけではありませんが、そんな先生から色々と物を教わっている私は、
 出崎監督に人格を育てられた伊集院さんに人格を育てられた先生に人格を育てられているようです。
 ありがとう出崎監督!

日本と言う名の惑星・ボツワナ編

 どうもこんばんはライネです。

 台風は結局夜の間に関東地方をぬけてしまったらしく、今日は比較的よい天気でした。
 夕方くらいに大雨がふりましたが…
 湿度が高いので、異様に暑く感じますね。


 さて、台風対策に追われてしまって、後で気が付いたのですが、
 昨日の和風総本家は「日本と言う名の惑星・ボツワナ編」でした。

 ということで、今日はボツワナについて見ていきましょう。
 
ボツワナ

 場所はアフリカ大陸の南側。
 地図をみても解るように、海に面さない内陸国ですね。

 番組中に、釣りを「レジャーとして楽しむ」日本人に驚いていて、
 ボツワナでは釣りとは基本的に漁業なのだそうです。

 海がある日本とでは魚に対する価値観も違うのかもしれません。
 「俺たちは食うために取ってるのに、遊びで魚釣りかよ」と思われていないか不安ですが…。


 ちなみに、ボツワナには海は無いのですが、三角州は存在するようです。
 たしかに三角州は湖にも作られるのですが、どうやらここは湖もないらしく、
 河川が平らな場所に出てきたところで川幅が広がって出来た湿地とでもいいましょうか。

 三角州と言っていいのか怪しいのですが、「オカバンゴ・デルタ」と呼ばれています。
 内陸部にある三角州としては世界最大のものなのだそうです。

オカバンゴデルタ
 ※前述の地図でいうところの北側に見られる水場

 ざっくり言うと、道路に水を撒いたら、水が二又に分かれたまま、蒸発していった。
 というような地形ですね。

 
 番組中にも言われていましたが、ボツワナは砂漠が多く、地形的に不利な条件が多いため、
 歴史を見るとあまり他の地域とのかかわりがなく、ある意味平和な土地だったそうです。

 その後、アフリカの多くの国と同じように、ヨーロッパ諸国によって植民地支配をうけますが、
 独立後はうまい具合に民族間・人種間をまとめ、さらにダイヤモンドなどの資源による利益もあり、
 国内は内戦などもなくかなり安定しているのだそうです。

 番組では東京の発展度合いに、ボツワナもいつかはこういう国になれるのだろうかと、
 感慨深げでしたが、アフリカの中では順調な経済成長をしているうえに、
 しっかりと環境を守るために開発をしない保護区がもうけられているなど、バランスも良いようです。

 
 ちなみに番組では、ボツワナと日本の違いに焦点をあてて、教育や農業などを取材し、
 観光番組というよりは、教育番組に近い作りをしているようでした。
 こういうところからも、ボツワナは相当デキる国であるという認識を持った方がよさそうです。

プロジェクトX 国産コンピューター・ゼロからの大逆転について


 どうもこんばんはライネです。

 今日も、なんだか暇な時間をfuluで過ごしてしまいました。
 プロジェクトⅩという日本の技術者さんたちの昔の話を特集する番組がありまして、
 そこで、ちょうど今調べているところのコンピューターに関する話があったので、
 これに沿って調べてみたいと思います。


 話は富士通がFACOMというコンピューターを作ったというものでした。
 けれども、その中でIBM360というアメリカの会社がとんでもなく凄いコンピューターを作ります。

 IBM360はそれまでのコンピューターとは違って、ソフトを入れ替えればなんにでも使えるというもので、
 用途に合わせて作り替える必要があったコンピューターとは次元の違うものだったそうです。


 ところが、IBM360を作ったジーン・アムダールという人が、
 次世代コンピューターにLSIを使ったコンピューター制作を考案したものの、
 IBM社にはことわられてしまいます。

 そこで、アムダールさんは独立し新しいコンピューター会社をつくり、
 富士通と協力して世界初のLSI搭載コンピューターを作ったのだそうです。
 

 
 なおプロジェクトⅩにおいて主役はアムダールさんではなく、富士通の池田敏雄と言う人でした。
 この人も凄い人で日本のコンピューターの生みの親の一人と言われる人です。

 当初、富士通は電話を作る会社だったらしいのですが、まだ問題があり、
 その問題の理由を徹底的に調べ上げ、その業績を評価され、
 これからの全ての産業の中心になるであろうコンピューター開発に抜擢されたようです。

 そしてFACOMを作りあげ、またアムダールさんと協力して世界初のLSIコンピューターを作りだします。
 正確には出来上がる目前で亡くなってしまったそうです。

 なお、出来上がったFACOM-M190は当時、世界最速のコンピューターであり、
 のちに富士通はIBMを凌ぐ世界一のコンピューター会社になったそうです。


 というわけで、本年もご愛顧いただきありがとうございました。
 また来年もよろしくお願いします。
 それでは良いお年を!
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック