FC2ブログ

地図記号紹介④~建物編3~

 日本人歴1年足らずですが、他の国の事はもっと知りません。
 そんなわけで、他の国を紹介するような番組や本は結構見ているのですが、
 その中でも面白いと感じるのは、日本の事を紹介する他の国の番組です。

 1年足らずとはいえ、それなりに知っているこの国の事を、
 他の国からの視点で知るのは楽しいですね。

 ちなみに今週の木曜日の和風総本家は、「日本という名の惑星」という、 
 まさにそういう番組だそうで、今から凄く楽しみです。
 こんばんは、ライネです。
 
 
 そういえば日本語では他の国の事を「海外」とか「外国」とか言うですね。
 周囲を全て海に囲まれた日本ならではの表現の仕方でこれも面白いと思います。
 では今日も地図記号紹介にまいりましょう。

 
官公署
 官公署
  そもそも官公署とは何かと調べてみますと、
  「国と地方公共団体の諸機関」の総称だそうです。
  ということは市役所、町役場、警察署や消防署も官公署になるはずです。
  そんな訳でこの官公署という記号は「特定の地図記号を持たないその他の官公署」というのが、
  正しい言い方だと思います。
  
  ちなみに記号は「公」という字から来ているそうです。


裁判所
 裁判所
  正確には「高等裁判所・地方裁判所・家庭裁判所・簡易裁判所」です。
  話し合いで物事を決めるというのが基本というのは、とても平和な世界だと思います。
  そして文章として保存されている法律によって、やること、やってはいけないことなどの、
  ルールが決められています。
  
  話し合いの場所として、その結果を法律に基づいて国が判断してくれるのが裁判所です。
  日本の場合、その最高機関は「最高裁判所」というところで、
  この他の裁判所はこの下部組織になっているそうです。
 
  なお、日本に1つしかない最高裁判所にはこの記号は描かれないので、
  裁判所の記号が意味するものは、最高裁判所の下部組織(下級裁判所)と言うこともできます。

  高等裁判所は北海道札幌市、宮城県仙台市、東京都千代田区、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、
  香川県高松市、広島県広島市、福岡県福岡市の計8箇所あり、基本的には、
  地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所の刑事裁判に不満があった時に対応する場所だそうです。

  刑事裁判というのは犯罪などの事件についての裁判ですね。
  ざっくり言えば、おまわりさんにつかまって「やった、やってない」、「やったので罪はどれくらい」
  こういう裁判になります。

  地方裁判所は全都道府県に1つずつ(北海道には4つ)あるので全部で50箇所です。
  やっていることは刑事裁判と、簡易裁判所の民事裁判に不満があった時への対応などです。
  
  民事裁判というのは犯罪を伴わない、事件についての裁判ですね。
  普通の生活の中でのトラブルについて、裁判所がどうすればいいのか判断してくれます。

  家庭裁判所は地方裁判所と同じ所に設置されているので、こちらも全部で50か所。
  やることは家庭に関することに特化していて、具体的には未成年の起こしたあれやこれを
  判断してくれたりします。
 
  簡易裁判所は一番身近な裁判所で、民事刑事合わせて、良くある身近なトラブルについて、
  さくさくっと判断してくれます。

  
税務署
 税務署
  国税庁の下部組織として、埼玉県で15、北海道で30、東京都で48個あります。
  ということは、大体全国で見ると500ちょいくらいですかね?
  税金の相談なども受けてくれます。
  というよりは、それが一番大きな仕事のようですね。

  あとは税金を納めていない場合のあれやこれやです。
  私はどうやら法律上いない人間なのですが、消費税くらいは払っていますよ!
  伊丹監督のマルサの女が面白そうなので、この機会にちょっと見てみたいと思います。

  ちなみに先生のお父さんは公務員試験の結果、マルサになることになったのに、
  断って区役所で働いているそうですよ。

  
森林管理署
 森林管理署
  「森林管理署・森林管理事務所」
  林野庁という農林水産省の外局で林業や林野に関することを見守る機関があるそうです。
  その下部組織には全国7箇所の森林管理局がありまして、ここでは森林警察のような、
  森林を守る人たちがいるそうです。

  そしてその森林管理局の下にいるのが、全国100か所程度の森林管理署ということになります。
  組織そのものは裁判所に似ているのですが、裁判所が人を相手にするために都会にあるのに対し、
  こちらは森林を相手にするので、地方にあることが多です。
  そのため、埼玉県、千葉県には一カ所も管理署がありません。
  東京都神奈川県をあわせて1カ所ある程度です。

  ただ、森林管理事務所は埼玉県の場合、秩父に1つだけあります。
  千葉にも千葉市内に1つあるようです。
  森林がたくさんありそうな山梨県にも事務所が1つあるだけなのが不思議ですね。
  本当に山がないのか…?

  仕事としては、森を守るということに尽きるようですね。
  どうやら組織図を見るかぎり、森林管理署と森林管理事務所は同格のようなのですが、
  違いは良く解りませんでした。
  数だけ見ると、支所という訳ではなく管理署を置く必要がない程度の場所に事務所がある
  といった感じでしょうか?

地図記号紹介⑤~建物編4~

 あれ…
 おかしいな…

 3回で建物編が終わるはずだったのに、4回目だぞ?
 というかこのペースでいくと1か月近く地図記号?

 いいのかな?
 まいっか!

 どうもこんばんはライネです。

老人ホーム
 老人ホーム
  「養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム」の記号です。
  私の居た世界の場合、こちらの世界よりも平均寿命が短いので、
  それほど問題になることはなかったのですが、日本は現在、高齢社会だそうです。

  医療が十分でほぼ全員が天寿を全うできる社会で、さらに移民を受け入れない場合、
  高齢者の割合が増える原因は、生まれてくる子供の少なさです。

  そんな社会では確かに、必要な施設でしょう。
  必要なだけあって、一言に老人ホームと言ってもいくつかの種類があります。
  記号の描かれない老人ホームというのもあります。

  ざっくり言ってしまえば記号の描かれる老人ホームとは、
  公立(社会福祉法人含む)が原則であることと、基本的には高齢者がそこに住んでいるということでしょう。
 
  その中で養護老人ホームとは、経済的な理由で自分の家では養護を受けることのできない高齢者のうち、
  身の回りのことはある程度自分でできる人が対象の施設。

  特別養護老人ホームとは、ほぼ養護老人ホームと同じですが、
  身の回りのことを自分で行うことが難しい人が対象の施設。

  経費老人ホームとは無料・低賃金でそこに高齢者を住まわせて、食事などを提供する施設ということです。
  なお、軽費老人ホームは提供してもらうだけであとは自分でやる必要があるようです。



変電所
 発電所
  正確には「発電所・変電所」です。
  発電は解るのですが、変電って何かと思って調べてみました。

  そもそも電気(電力)は「電流×電圧」だそうです。
  で、電流が大きいほど電力は力を失ってしまうそうです。

  ということで、発電所から電気を流すところに変電所を作って、
  電圧を強くして小さい電流で流して、今度は家の近くの変電所で電圧を下げているそうです。

  電圧とか電流とか良く解らない言葉だったのでこれも調べてみた結果、
  要するに、ホースの口をつまんで水を流した方がロスが小さいということのようです。  

  それにしてもこんな重要な施設も地図に描いてあるのですね。
  ここを攻められたら簡単にやられてしまう気がしなくもありません。
  そして、この記号は可愛くて好きです。


工場
 工場
  こちらもすべての工場に記号が描かれているわけでもないそうです。
  「地域の状況を考慮して好目標になるもの」というなんともあやふやな表現なのですが、
  おそらく、ちゃんとしたルールブックにはしっかり書いてあるのでしょう。

  そして普通なら大きな工場には描かれるだろうと思ったのですが、
  逆に敷地が125m×125mの場合は会社の名称が描かれて、記号は描かれないそうです。



 自衛隊
  はい、来ました自衛隊。
  これは調べるまでもなく、1日分の分量を消費することは確実と思いますので、
  明日詳しく書きますね!

地図記号紹介⑥~建物編5~

 あれー、おかしいですよ?
 建物記号だけで5日目です。
 もう来月は全部地図記号の説明になってしまうかもしれません。
 こんばんはライネです。

 一見、ありえないほど平和に見える日本にも、軍隊があることを知りました。
 正確には軍隊ではないそうなのですが、私にはその違いがあまりピンときません。
 今日はその辺を中心に、自衛隊の組織と地図記号に描かれる自衛隊とはなにか、
 説明していきたいと思います。


 まず、自衛隊とはなんなのかという基本的な疑問です。
 自衛隊というのはざっくり言ってしまえば、日本の防衛組織です。

 こちらの世界では、国家間の戦いを「侵略」と「防衛」で考えているようです。
 見知らぬ人に突然ボールを投げることは「侵略」です。
 それに対してボールを避けること、ボールをつかむことは「防衛」になります。

 ここまでは異世界人の私でも納得できる線引きですね。
 ところが「防衛」は飛んできたボールをバットで打ち返すのはセーフになるそうです。
 そして、ボールを投げてきそうだから先にバットでボコるのはアウトらしいです。

 実際の所、どこからどこまでが侵略で防衛かはあまりはっきりと線が引かれているわけでは
 ないようなのですが、ざっくり言えば先制攻撃をした方が悪いと言うことができそうです。


 さて、そのあいまいな定義の防衛を行うための力しか持たないことになっているのが自衛隊です。
 所詮は異世界人の考え方なので間違っていたら申し訳ないのですが、
 ほとんど国際的に「侵略」は罪となっているこの世界において、
 「侵略する力を持っている」と言う国なんてあるのでしょうか?

 ここまで来ると、何を持って「防衛」かというのがはっきりしなければ、
 少なくとも当事者になる国家と国家の間での「防衛」合戦しか起こらない気もします。

 完全なる部外者である私がこれ以上、この世界の矛盾を考えるのは止めておきましょう。
 なにはともあれ、自衛隊というのは防衛力だけを持っている組織という訳です。


 そんな自衛隊の構造ですが、大きく陸上・海上・航空の3つに分けることができるそうです。
 そしてこれらはまとめて、国土地理院さんと同じ「特別の機関」というやつです。
  ※11月16日の「地図を作る人ってどんな人?」を参照してください。
   

 その上にある省庁は「防衛省」です。
 どうやら法律上は、ほとんど防衛省と自衛隊は同じ意味を持っているらしいので、
 自衛隊で一番偉い人は防衛大臣で、それを動かすのが内閣総理大臣ということになります。
 実際に自衛隊を動かすことになった場合、内閣総理大臣が指揮をとることになるわけです。

 防衛省の組織図を見ると、頭が痛くなるくらい細かく分かれているのですが、
 とりあえず地形図に記号の描かれるものは以下の3つです。

自衛隊

  ・陸上自衛隊の方面総監部、師団司令部
  ・海上自衛隊の地方総監部
  ・航空自衛隊の航空総隊、航空方面隊
   ※防衛本庁、防衛大学などの本庁直属機関は「官公署」の記号を描く。

 
 ちなみに分類上は陸・海・空は別々の組織です。
 ところが何かあった時にこれらが足並みを揃えないと困るので、
 この上に「統合幕僚監部」というこれまた別の特別の機関が有ったりします。

 幕僚というのは難しい日本語ですね。
 私にもわかる程度の日本語で説明すれば、リーダーを助ける人の事です。
 リーダーが「今日はカレーにするよ」と言えば、冷蔵庫の中を調べて、
 「今日はナスがありますので、ナスカレーにしてはどうでしょう」という人ですね。
 参謀という言葉もそれによく似た言葉ですが、私にはわからない程度に違うそうです。

 陸・海・空の自衛隊にも「幕僚監査部」があるので、
 二重のシステムになっているのでしょうか?

 「では、私のチームを使って肉を買ってきましょう」とか、
 「私のチームを使って美味しいレシピを調べましょう」とか、
 そういう事にしておきましょう。

 これらは官公署扱いで、自衛隊の地図記号は描かれません。
 地図記号の描かれるのは、まずは、それぞれの自衛隊における一番大きなグループ分けをした時の
 グループの本部がある場所です。

 陸上自衛隊の場合、関東甲信越地方と静岡県の「東部方面総監部(練馬区朝霞駐屯地)」など、
 日本を5つに分けた地域ごとに1つ置かれています。

 そしてその5つのグループをさらに細分化したものとして、
 陸上自衛隊の場合は「師団」や「旅団」と呼ばれるもので15か所に分かれます。
 ちなみに東部方面の場合、第1師団(練馬区練馬駐屯地)や、
 第12旅団(榛東村相馬原駐屯地)などがあります。

 
 という風に調べたのですが、ちょっとおかしいのです。
 自衛隊の地図記号があるはずの場所には「〇〇駐屯地」という描かれ方しかしていないのです。
 おそらくこれは敷地面積が大きいので文字で説明してくれているということだとおもうのですが、
 わたしの見たところ、国土地理院さんの説明通りの記号にはなっていないような気がします。
 くわしいところ、どうなのでしょうか?
 5万分の1の地形図なら描かれるのかもしれません。
 


 そういえばすっかり忘れていた記号が1つ残っていました。
 私にとっては「熊谷地方気象台」でおなじみの気象台です。

気象台
 気象台
  正確には「気象台・測候所」の記号です。
  気象台とはお天気を教えてくれるところですが、
  地震なども観測しているところなのですね。

  問題は測候所なのですが、現在は2カ所を除いて廃止されてしまったそうです。
  仕事内容を調べるとほとんど同じような事をやっているのですが、
  どこがどう違うのか気になるところです。

地図記号紹介⑦~その他の建物~

 こんばんはライネです。
 今夜は雪が降るかもしれないそうです。
 家の中なのに寒いので、ありえない話でもなさそうです。
 私の国では雪なんてめったに降らなかったので、ちょっと楽しみです。


 さて、テレビの話題が続きましたが、地形図の話に戻りましょう。
 建物の記号としてはあれで終わりなのですが、
 前にまとめた建物の記号は、正確には建物の持っている「用途・機能」を示す記号です。

 という訳で、特に明記されない「用途・機能」を持った建物の記号としては、
 次のような記号がつかわれます。

建物記号

 独立というのは建物が1つ1つ書かれていることを示すそうです。
 実際には「この辺、ポツポツと建物があるなー」程度で、
 絶対に1つの建物につき1つ描かれるかというとそうでもないようです。
 上空から見た建物の形をある程度はなぞっているようです。

 総描(そうびょう)とは、建物が1つ1つ書くほど余裕がないくらい密集している時に、
 この辺にいっぱいあることを示すようです。

 また小と大の違いは、建物の短辺が25m未満の建物ならば小、それよりも大きければ大
 として描かれるそうですが、小さい独立建物の場合は短辺10m以上でないと描かれないそうです。
  ※10m未満でも必要がある場合は描かれる。 

 そして、大に含まれる建物のうち、高さが10メートル以上の建物は、
 また別の描かれ方をします。

高低


 ちなみに、建物ではないけれど良く似たものとして、
 「飛行機の格納庫、市場、動物園の檻、温室、畜舎、側壁のない建物、ガス・石油タンク等」
 は、次の記号で描かれるそうです。

 類似

地図記号紹介⑧~農耕地編~

 こんばんはライネです。
 今日もQさまのプレッシャースタディーで先生にコテンパンにされました。
 そういえばコテンパンって何でしょうね?

 先生に聞いても良く解らないそうです。
 こういうのを気付いた時にちょこっと調べておくと、先生とクイズで戦う時に
 結構役にたったりするのですが、インターネットで調べてもあまり良く解らないようです。
 
 それじゃあ地図記号7日目にまいりましょう。

 田 
 田(水稲、蓮、い草、わさび、せり等)
  これは私の完全な勉強不足ですが、田というのはお米を作る所の事だと思っていました。
 
  ネイティブな先生に確認したところ「確かに水田と言われると、水が張ってあって、
  何かを作っているところというだけで、格別、稲作だけを行う場所じゃないかも」と、
  私にはまだ難しい微妙な語感のイメージを教えてくれました。
  こういうのはその言葉で生まれ育った人じゃないとできませんね。

  Wikipediaによると、元々は田という言葉は「穀物を栽培するために区画された農地」
  という意味だそうです。
  それが日本では土壌的にも気候的にも稲作がしやすく、歴史的にも他の穀物に比べて米は最上級の
  扱いを受けたことで、田=稲作地という繋がりが強くなったそうです。



畑
 畑(陸稲、野菜、芝、パイナップル、牧草等)
  というわけで、田が水を張った農地であるのに対して、畑は水を張らない農地のことだそうです。
  面白いのはパイナップルですね。
  
  先生は「パイナップルの害獣」と自称しているくらいパイナップル好きです。
  ※野生の先生をパイナップル畑に放ったら、絶滅するまで食べるという意味だそうです。
 
  先生が一人暮らしの時には生ごみの管理が面倒なので最初から割高なカットパインを買っていた
  らしいのですが、今は私がいるので好きなだけ買ってきます。
  そんなわけで、私も実そのものはよく見ます。

  見るからに怪しい果物を食べるには勇気がいりましたが、結構私も好きな味です。
  ただ先生のように大量に食べると、舌がピリピリしてしまって辛いです。

  南国の果実というと木になっているイメージがあったのですが、
  これは畑にできるものなんですね。
  果樹園との決定的な違いは、木にできるかどうかのようです。
  インターネットの写真検索をしてみると、畑にぼっこり生えててびっくりしました。

  ちなみに、あんなに好きな先生は木になっているとまだ思っているようです。
  後々のために黙っておきます。
   


果樹園
 果樹園(りんご、みかん、梨、桃、栗、ぶどう等)
  そういえば先週のガイアの夜明けでリンゴ狩りをしていました。
  リンゴはあんまり好みの味ではなかったのですが、果物狩りしてみたいですね!
  私は完璧な農耕民族なので狩りの本能なんてないのですが、ちょっと楽しそうです。

  ええ、解ってますよ…。
  ただの収穫だと言うことは…。
  それでも、自分で育てないで、収穫だけ楽しめるのは面白いと思います。

  ちなみに私が好きなこちらの果物は、ぶどう、なし、ライチ。
  特にライチは害獣扱いされてしまうでしょう。
  そういえば、名前も似てますね。 

  先生は「なしは放置しておくと美味しいお酒みたいな匂いがする」と、
  私が居ない時にどんな暮らしをしていたのか気になります。
  


桑畑
 桑畑
  これは日本の地形図ならではの記号だそうです。
  他の記号が大雑把に色々なものをまとめた記号なのですが、これは明確に桑だけです。
  というのもかつての日本では、桑は国を挙げての重要な農作物だったからだそうです。

  まず、これはどう使うのかと言いますと、驚くことに「虫のエサ」です。
  しかも「カイコ」という芋虫専用のエサを国を挙げて作っていたらしいです。

  というのも、カイコが成虫になるために作る繭玉が目当てで、
  この繭玉をほどくと「絹(シルク)」という最高級な繊維が取れるそうなのです。

  この様な産業は「養蚕」と呼ばれ、少なくとも3000年前には行われていたそうです。
  というわけで「カイコ」という虫は完全に家畜化されてしまい、
  もう人間が管理しなければ絶滅してしまう野生には存在していない虫とのことです。

  どれくらい家畜化されたかというと、足が退化しているため、
  桑畑にうじゃうじゃ芋虫がいるのではなく(想像しただけでちょっと気が遠くなりますが)
  箱の中にいるカイコにクワの葉っぱを与えてあげなくてはご飯も食べられないほどだそうです。




茶畑
 茶畑
  お茶はいいですね。
  最近はそば茶にはまっていますが、これは正確には茶葉を利用しないので、
  お茶ではないお茶だそうです。

  紅茶も緑茶も同じ茶だそうで、
  発酵しないものが緑茶、完全に発酵させたものが紅茶だそうです。

  たぶんこれを調べると一週間くらいかかるくらい複雑なので、今日はこの辺にしておきます。
  気になる方はもやしもんを読んで予習しておいてください。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック