FC2ブログ

宗教ってなんだろう(私の答え)


 どうもこんばんはライネです。

 日本神話は趣味に走ってしまったのですが、
 宗教編はいかがだったでしょうか?

 最後に「宗教って何だろう」というお話しをして、
 今回のまとめとしたいと思います。


 私は宗教というものは、神様を信じる事だと思っていました。
 もちろんそれもある意味では正しいのですが、
 どうやら言葉としてはもう少し深い意味が含まれているように思います。

 Wikipediaの「宗教」ページを見てみると、
 人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。

 と、書かれるとともに、定義が無いとも書かれています。

 辞書などを見ても概ね似たようなことが書かれているのですが、
 定義がないということは、言葉よりも現象そのものの方が先にあって、
 言葉によって無理やり分類しているような印象を受けます。


 いろいろと宗教を見てきたうえで、
 やや宗教アレルギーがある私の視点で言うならば、
 地域ごと、民族ごとで様々な「経験上よくわからないことを、とりあえず納得できる理由を添えることで、気にしないで良いようにする知恵」
 なのではないかと思うのです。


 例えば夜、宇宙の果てがどうなっているのかとか、
 死んだらどうなるのかとか気になって眠れなくなる時はないでしょうか?

 今なら科学という納得できる理由が発達しているので、
 調べればある程度のことは解ってしまいます。

 でも、そう言ったものが発達していなかった頃なら、
 宇宙は神様がこういう風に作ったとか、
 神様がやっていることなんだから人間が気にしないでも上手くやってくれている。 
 と言う感じで安心できるわけです。


 以前見た、映画の「天使と悪魔」(ダヴィンチコード2)で上手いなと思った台詞が、
 「科学はまだまだ発展途上で、宗教が見守ってあげなくちゃいけない」的なのがあったのですが、
 これが妙にハマった答えなのかもしれません。

 昔の私なら科学は万能の答えなんだと思っていましたが、
 今は宇宙の果ても死んだあとのことも解りそうな、進んだこの世界の科学を見て、
 確かに宗教に見守ってもらわないといけない部分がある気がしています。


 例えば、このままなら、永遠に生きられるようになったり、
 地球そのものを壊せるような兵器とかができるようになるかもしれません。

 それが宗教的にダメだと頭ごなしに言われれば反対したくもなりますが、
 その良し悪しや、使っていいのか悪いのかを考える時に、
 神様の言葉を聞く時が来るかもしれないと思うのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック