スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本神話・国譲り


 どうもこんばんはライネです。
 連日の日本神話ですが、もう少しでお終いが見えてきます。

 大国主が支配する国、「葦原中国(あしはらのなかつくに)」の扱いについて、
 天の国を治めるアマテラスは、「私の子供たちが管理した方がいい」と考えました。

 そこで、アマテラスは自分の子供に地上に降りて治めてきなさいと言うのですが、
 最初に任命された子は天の国から地上の様子を見て、
 「あんな野蛮な所は無理」と逃げてしまいます。


 次に、天の国の神様を大国主のところに派遣して話を付けようということになるのですが、
 国を支配するどころか大国主の家来になってしまいました。

 再び、神様を派遣するも、今度は大国主の娘と結婚してしまい、
 なかなか天の国の思うとおりになりません。

 そこで、何故、天の国の命令を聞かないのか使者を送るのですが、
 使者は殺され、天の怒りを買った元天の国の神様は殺されてしまいました。


 なかなか思い通りにならない中、「建御雷(タケミカズチ)」という神様が派遣されます。
 大国主に対して直接、アマテラスの子供たちが治めるべきだと言われているが、
 どう考えているのか聞くと、大国主は「私の子供に聞いてください」と答えました。

 大国主には2人の子供がいて、一人は納得した者の、もう一人は力比べで決めようと言います。
 ところがタケミカズチには勝てずに、国を譲ることを決心します。


 二人の子供がそういうならと、大国主は国譲りを決めるのですが、
 その代わり、立派な宮殿を作ってもらうよう交換条件を付け、
 こうして地上の国は天の国の関係者によって治められるようになりました。


 とはいえ、元をただせば大国主はスサノオの子孫ですし、
 スサノオとアマテラスは姉弟なので関係者ではあると思うのですが・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。