スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本神話・因幡の白ウサギ


 どうもこんばんはライネです。

 昨日はスサノオが結婚して出雲に暮らすようになったと言う話で終わりましたが、
 今日はスサノオの子孫にあたる、「大国主(おおくにぬし)」という神様の話です。

 系統をたどれば、イザナギ・イザナミを先祖に持つのですが、
 大国主という神様は、出雲地方に暮らす「国津神」というローカルな神様です。
 それに対して、アマテラスのように天の国に暮らす神様を「天津神」と呼ぶそうです。


 この大国主さんなのですが、一言でいうと少年漫画の主人公のような神様です。


 まず、大国主さんにはたくさんの兄がいて、一番下っ端だったそうです。
 お兄さんたちは、因幡の国のヤガミ姫にゾッコンで、全員で結婚しに行くのですが、
 一番下っ端の大国主さんは荷物持ちで一番後ろから着いていくだけでした。


 先に行く大勢のお兄さんたちが海まで来ると、毛皮がズル剥けになったウサギが泣いています。
 「痛いよう・・・ 痛いよう・・・」

 すると通りかかった大国主の兄たちは、
 「痛ければ海水で良く洗ってから、乾かせばいい」と教えてくれました。


 けれども、海水が乾くと皮が裂け、さらなる痛みがウサギを襲います。
 苦しむウサギを見た大国主は、どうしたのかと聞くと、

 「私は隠岐の島に住んでいたのですが、この国に来たいと思っていました。
  でも海を渡る手段がありませんので、ワニ(サメ)を騙してこう言ったのです。

 『ウサギとワニ(サメ)ってどっちの方が数が多いと思う?
  数えてあげるから、君たち一列に並んでみてよ。
  跳び越えながら数えてあげる』

 そしてまんまと騙されたワニ(サメ)の上を跳んでこの国まであと一歩の所で、
 『やーい、だまされてやんのー』と言ってしまい。
 ワニ(サメ)に毛皮を向かれてしまいました。

 そこに先ほど来た神様たちが、海水で洗って乾かすといいと教えてくれたので、
 その通りにしたところ、傷は酷くなるばかり・・・」


 「ウサギさん、今すぐ真水で体を洗って、ガマの補の花粉をつけなさい」
 大国主に言われた通りにすると見る見るうちにウサギの身体は良くなりました。

 「ありがとうございます。
 先に来た人々は、ヤガミ姫と結婚するなんてありえません。
 きっとあなたこそ、ヤガミ姫と結婚するでしょう。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。