FC2ブログ

日本神話・天地開闢


 どうもこんばんはライネです。
 今日から日本神話について見ていきますよ。

 例によってすべてを説明しても限度がありますので、
 できるだけ単純に説明していこうと思います。
 また、古事記と日本書紀では若干内容に違いがあるようです。


 さて、一番最初はどんな状況だったのかというと、


 それ混元既に凝りしかども、氣象いまだ敦あつからざりしとき、名も無く爲わざも無く、誰かその形を知らむ。 
 (最初に世界の元のようなものができたけれども、まだ名前も動きも形もない状況だった)
 <古事記・序文>

 そこから、世界が天と地に分かれます。
 日本書紀の場合は、澄んでいるものが天になって、
 濁ったものが地になったと詳しく書かれているようです。

 大体ですが、神様が登場するまでは日本書紀の方も概ね似たような感じです。


 で、ここからいきなり分かれてくるのですが、
 <古事記の場合>
  天に「天之御中主(アメノミナカヌシ)」という神様が生まれる。

 <日本書紀の場合>
  天地の中に「国常立尊(クニノトコタチノミコト)」という神様が生まれる。

 と言う風に、最初に登場した神様に違いがあるようです。

 ちなみに、天之御中主は字で解ると思うのですが、
 「天の中心にいる主神」という意味で、世界を作った神様です。
 ただ、この神様は世界を作った後どこかに消えてしまってもう登場しません。


 古事記を中心に見て行くと、天之御中主のあとにも2柱の神様が登場するのですが、
 3柱ともそのあとどこかに隠れてしまったようです。
 また、日本の国土が海に作られたころに、もう2柱の神様も登場しますが、
 皆さんその後消えてしまいます。

 この5柱の神様をまとめて「別天津神(ことあまつかみ)」と呼び、
 特に国土ができる前の神様を「造化三神(ぞうかさんしん)」と呼ぶようです。


 そして、古事記ではそのあと日本書紀で最初に登場した国(之)常立尊が登場します。
 このあたりの神様には性別があって、国常立尊は男の神様のようです。

 さらに、細かい所は古事記と日本書紀で異なりますが、
 性別はあるけれど単独の神様と夫婦の神様が7代登場したようです。
 これを「神世七代(かみよななよ)」と呼ぶようです。
 (夫婦の神様は2柱で1代と計算)


 で、ここが大事なところですが、古事記・日本書紀に共通する部分として、
 神世七代の七代目の神様、「イザナギ」、「イザナミ」の神様が登場します。

 ここまでをもって「天地開闢(てんちかいびゃく)」の時代となります。
 ようするに世界(日本)が誕生する前準備の段階ですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック