スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神社のお参り方法


 どうもこんばんはライネです。

 ユダヤ教について説明したので、これで一通り基本的な宗教は押さえたのですが、
 最後にやはり日本の宗教についてもこの機会に触れておきたいと思います。


 まずは神社のお参りの仕方からはっきりしておきましょう。


 神社の入り口には大抵「鳥居(とりい)」という門があるようです。
 お世話になっている調神社にはないので、無い場合もあるのかもしれませんが、
 これが私たちが生活する場所から、神様のいる場所への門になっているそうです。

 ということは、まず鳥居をくぐる前に一度、礼をします。



 そのあと「社殿(しゃでん)」に向かう訳ですが、
 一般的にはその道(参道)の中央は神様の通り道とされているらしく、
 端っこを歩くのがマナーなのだそうです。


 社殿は神様が祭られた「本殿(ほんでん)」、お祈りする「拝殿(はいでん)」
 があるのですが、いきなりお祈りをするのはマナー違反で、
 その前に身を清める必要があるそうです。

 神社に行くと大抵、手洗い場がありますが、
 これを「手水舎(ちょうずしゃ)」と呼ぶそうです。

 ここでは、
 ①礼をして、
 ②右手で柄杓を取って左手を洗い、
 ③柄杓を左手に持ちかえて右手を洗い、
 ④さらに右手に持ちかえて左手に水を溜めて口を洗い、
 ⑤左手で口を隠して吐き出し、
 ⑥もう一度左手を洗って、
 ⑦柄杓を洗って、
 ⑧礼をする。

 という方法で清めるのだそうです。



 そして拝殿に向かったら、まずはお賽銭を入れます。
 5円玉が一般的なようですが、特に決まりはないようです。

 その後に、鈴を鳴らしてから礼拝です。
 礼拝の方法は2礼2拍手1礼と言われています。

 2拍手と1礼の間にお祈りをしましょう。
 この時、ちゃんと住所と氏名も言っておくと良いそうです。
 最近ならメールアドレスも入れておけば完璧かもしれません。


 ちなみにこれは略式のもので、正式に参拝する場合は、
 神社の方にお願いしてやってもらう必要があるようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。