スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲乙つけがたい話


 どうもこんばんはライネです。


 昔むかしの中国で生まれた道教や儒教ですが、
 これらは生活の中からなんとなく誕生したものだったようです。

 けれども、インドから伝わった仏教の影響を受けて、
 だんだんとその宗教における宇宙の姿などがはっきり作られていきました。

 同じ地域で信仰された宗教なので、お互いが影響を受け合って、
 共通する部分も少なくないのですが、
 今日は日本にも伝わった「陰陽五行」という世界観について見て行こうと思います。


 道教でも儒教でも、この考え方が登場するのですが、
 陰陽五行というのは、「陰陽」と「五行」という2つの世界観が結びついたものです。

 まず、陰陽とは、世界は陰と陽の2つの要素でできているとするもので、
 どちらかが無ければ、どちらも存在しえないという考え方の様です。
 光が無ければ影はできないと言えば解りやすいですね。

 五行というのは世界は木・火・土・金・水の5つの要素によってできているというものです。
 ざっくり言えば、火系の敵には水攻撃が効くというような考え方だと思ってください。


 そしてこの陰陽と五行が結びついて陰陽五行という考え方が誕生します。
 とりあえず光のプリキュア5人組と、闇のプリキュア5人組だと思ってください。
 もしくはレンジャーでもかまいません。

 これらがそれぞれ、陽の木、陰の木、陽の火、陰の火と言う具合に、
 10種類あるわけです。 

 漢字にすると、甲乙丙丁・・・という例のアレになります。
 ちなみに読み方は音読みと訓読みがありまして、一覧にするとこんな具合のようです。

十干
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。