スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごろんごろんご論語


 どうもこんばんはライネです。

 

 子曰   (子いわく)
 学而時習之(学びて時にこれを習う)
 不亦説乎 (また喜ばしからずや)

 有朋自遠方来(友あり遠方より来る)
 不亦楽乎  (また楽しからずや)

 人不知而不慍(人知らずして憤らず)
 不亦君子乎 (また君子ならずや)


 という文章があります。

 内容としてはざっくり次のような感じです。

 孔子先生が言うには、
 学んだことを復習したりするのって、
 面白くない?

 遠いところに住んでいる(同じ勉強をしている)友達が来るのって、
 わくわくしない?

 勉強を他の人が認めてくれなくても気にしないのって、
 すげー立派じゃない?
 

 実はこれこそ、儒教をはじめた孔子さんとそのお弟子さんの会話をまとめた、
 「論語(ろんご)」という本の一番最初の文章なのです。


 他にも、孔子先生が言うには
 「私は15歳で学びだして、30歳になって基本が出来上がり、
  40歳になって確信できるようになって、
  50歳になってこれが私に与えられた運命なんだと知って、
  60歳になって反対意見も素直に聞けるようになって、
  70歳になって思いのままに行動しても人の道を踏み外さないようになった。」

 という文章ものっています。
 元の文をわかりやすく書くと、

 十五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして不惑。
 五十にして知天命。六十にして耳順。七十にして心の欲する所に従いて矩をこえず。


 というもので、日本では15歳が志学(しがく)、30歳が而立(じりつ)、
 40歳が不惑(ふわく)、50歳が知命(ちめい)、60歳が耳順(じじゅん)、
 70歳が従心(じゅうしん)とも言われるのだそうです。


 この他にも、論語は広く日本の言葉にちりばめられています。
 つまり、日本でも儒教・論語は影響を受けているようなのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。