スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの歴史②

 どうもこんばんはライネです。
 それでは、インドの歴史の続きです。


 インドのほぼ全域をまとめることに成功したマガダ国ですが、この王朝の支配は長く続かず、
 新しい国が生まれては衰退するを何度か繰り返します。

 そして今から1200年くらい前にグプタ朝という王朝がインド北部を統一する頃に、
 インドの文化が急成長を遂げます。
 そしてこの頃、バラモン教が地元の宗教と結びついて、ヒンドゥー教へと変化したそうです。 


 ところがグプタ朝も300年くらいすると衰退し、
 民衆に根付いたヒンドゥー教はそのまま残るのですが、
 仏教はだんだんとインドから他の地域で信仰されるようになっていったようです。

 これにはいろいろな理由があるようなのですが、
 そのひとつは、仏教が一般生活とかけ離れて行ったというのが大きな原因の様です。

 さて、その後も様々な王朝が作られては消えていくのですが、
 今から1000年位前になると、インドの西側からイスラームを信仰する勢力がやってきて、
 インドを支配するようになります。

 
 そして、一神教であるイスラームが伝わってしばらくすると、
 ヒンドゥー教とイスラームのいいところを取り込んだ「シク教」という宗教が誕生します。

 実はこの宗教、以前に乗せた信者の多い宗教にも登場していました。
 シク教を信じる人は比較的、能力を持った優秀な人材が多かったらしく、
 例えば外国との交渉などをする人の多くはシク教徒で、
 他の国から見たインド人の印象はヒンドゥー教徒よりもシク教徒が強かったそうです。


 具体的には「インド人男性はターバンを巻いている」というイメージは、
 シク教徒特有の姿なのだそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。