FC2ブログ

ムスリムの信じる事(六信)


 どうもこんばんはライネです。
 今日はイスラームを信じる人々のルールについて見て行こうと思います。

 まず用語ですが、仏教を信じる人を仏教徒と呼び、
 そのうち一般人は在家、さらに厳しい修行生活を送る人は出家者(僧侶もしくは僧)
 と呼ぶ様です。

 これに対してイスラームを信じる人のことは「ムスリム」と呼び、
 意味としては「神様を信じる人」というようなもののようです。


 と言う訳でムスリムのルールですが、これは大きく「何を信じるか」、「どう信じるか」
 の2種類があるようです。

 何を信じるかについてですが、まずは神様です。
 イスラームもキリスト教も同じ神様を信じているのですが、
 イスラームの場合、「アッラー」と呼んでいて、
 キリスト教では「ヤハウェ」と呼んでいます。


 そして、神様と人間の橋渡しをする天使も信じます。
 天使は聖☆おにいさんにも何人か登場していますが、
 特にイスラームではガブリエルさん(イスラームの呼び方ではジブリール)が最高位の天使です。
 この辺りは概ねキリスト教やユダヤ教とも共通のようです。


 続いて啓典(けいてん)。
 これは神様から預言者に伝えられた言葉をまとめた書物で、
 キリスト教では聖書(新約聖書)、イスラームでは「クルアーン(コーラン)」を示します。
 ただ、時代的に後発のイスラームでは、聖書も啓典のひとつという認識の様です。

 イメージとしては原作小説のコミカライズ作品がいくつか出ていて、
 そのどちらかを原作に代わる物として読むような感じでしょうか?
 ちなみに先生の書庫には、みずのまこと版のハルヒも所蔵されています。

 
 4つめの信じるものは使徒です。
 エヴァンゲリオンの中では使徒をエンジェルと表記するので、天使扱いなのですが、
 キリスト教で言う使徒とは、イエス直属の弟子のことを言うらしいので別物です。

 聖☆おにいさんで確認できた使徒は下記の通りです。
  ・ペトロ(「パネェ」の人、実は初代法王)
  ・アンデレ(X十字、前髪の長い人)
  ・ヨハネ(「主に愛された弟子」)
  ・ヤコブ(ヨハネのお兄ちゃん)
  ・トマス(なんでも指をつっこむ人)
  ・ユダ(裏切り者ネタのひと)
 
 イスラームの場合は、神様の言葉を伝えた人という扱いなので、
 創始者のムハンマドさんが使徒にあたるようです。


 5つめは来世。
 実は仏教でも来世があるという考え方があるようなのですが、
 イスラームでも来世の存在を信じるのだそうです。

 ただ、仏教が「生まれ変わる」ことを来世と言うのに対して、
 イスラームではどうやら、死んだ後は世界の終末が来るのを待って、
 そこで過ごしてきた生涯が判定されて天国にいけるのかが決まるという意味での来世らしいので、
 より正確に言うなら、天国もしくは地獄を信じると考えた方がいいかもしれません。


 最後に定命(ていめい)。
 言い方を変えれば運命のことで、全ては神(アッラー)が決めてあることだというものです。
 ただし、人には意思決定権が与えられていて、アッラーの意思に背くようなことをしたら
 地獄に落ちると考えられているようです。

   
 以上の6つの信じることをまとめて「六信」と呼んでいます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック