スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真空管で1+1を計算してみよう。


 どうもこんばんはライネです。

 真空管をつかうことで、コンピューターに数字を教えることができることは解りました。
 では、そこからどうやって計算させるのかという問題になります。
 実はこれも電気信号でどうにかなるようです。


 たとえば0はスイッチが消えている状態、1はスイッチがついている状態としましょう。
 ここでは仮に、スイッチが消えているなら「×」、
 スイッチがついているなら「〇」と表現します。

図の解説

 〇、つまりスイッチがついているということは電気が通っているという状況です。
 なので「電気が来たらこうしなさい」、「電気が来なかったらこうしなさい」
 ということをあらかじめ教えておけば、色々なことができるようになるわけです。


 たとえば、1+1の計算をしてみましょう。
 10進法でも2進法でも1は1ですが、先に述べたように「〇+〇」として見ます。

 そして、答えとなる2は、二進法では「01」、記号では「×〇」となるはずです。


コンピューターでの計算

 なってますね。

 左上の〇は真空管を表現しているわけですが、
 それぞれの真空管からはいくつもの電気の流れをつくっておきます。

 そうして、最初に入力した2つ真空管からやってきた電気がどうなっているのかを考えて、
 あらかじめ与えられた命令通りにコンピューターが自分でスイッチを切り替え、
 結果が出てくるというわけです。

 1ケタだけでこんなに大変で、人が計算した方が簡単確実ですが
 これをものすごくたくさん使えば、人間ではすぐに解けない様な難しい計算もやってくれるわけです。
 途中の命令を考えるのが物凄く大変なので、とっさにこの計算をしなくてはいけないという時には、
 命令の命令のようなものをセットしておかなくてはいけないのですが・・・

 とはいえ、例えばずっとおなじ計算(たとえば足し算)をしてほしい時には、
 これだけでも十分使えそうですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。