スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元素はどこから来たのだろうか


 どうもこんばんはライネです。

 陽子-陽子連鎖反応とアルファ反応によって、
 水素、ヘリウム、炭素、酸素ができる所までは説明しました。


 太陽よりも重たい恒星ならば、
 その先もどんどんヘリウムに反応して鉄まで作れるそうですが、
 この方法だと、偶数の元素しか作れません。

 奇数の元素はどうやってできたのでしょうか。
 どうやら、これはすでに作られた偶数の元素に水素や重水素がぶつかることで
 出来上がるようです。

 だからかどうかはわかりませんが、宇宙に存在する元素は一部例外を除けば、
 偶数の元素の方が隣り合う奇数の元素よりも多くなるのだそうです。

 

 さて、ここでひとつ衝撃的な事実。
 素通りしてきましたが、「太陽が作れる元素は精々、酸素くらいまで」です。
 ということは、ナトリウムもケイ素も、鉄も太陽では作れないと言う訳です。

 でも、地球上には酸素以上に重たい元素もあれば、
 鉄以上に重たい元素ほとんどの元素も存在しています。

 つまり、私たちの身体も、地球そのものも、
 太陽じゃない、もっと言えば太陽系ですらない、
 どこだかわからない宇宙で、いつ作られたのかもわからない元素でできているのです。


 これはとんでもない話だと思いませんか?
 普段触れているものも、自分自身ですらも、
 その元素のほとんどは「メイドインどこか知らない宇宙」なんです…


 最近ではちょっとやそこらでは動じなくなりましたが、
 ひさしぶりに眩暈がするほどの衝撃でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。