スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホットスポット

 スキヤキ…。
 なんという食べ物なのでしょうか。
 先生の御実家の料理方法を教えていただいて、何日か食べようと少し多めに作ったのですが、
 二人で全て食べつくしてしまいました。

 名曲SUKIYAKIいわくして、上を向いて歩こうとの事ですが、
 むしろ本当に食べ過ぎると、背筋を伸ばせないということを、こちらに来てからよく体験しています。

 ちなみに、最近覚えた一発ギャグの「できちゃったみたい」は先生にはドン引きされました。
 こんばんはライネです。


 大地形についてこれまでいろいろな地域を説明してきましたが、
 実は世界にはどの分類にも入らない地域というものがいくつかあります。
 今日はそのうちのひとつ、ハワイ諸島に関してご説明いたしましょう。

ハワイ諸島
 
 さて、ハワイ諸島は図を見ても解りますように、南東部から順に、
 ハワイ島、マウイ島、モロカイ島、オワフ島、カウアイ島と言うように並んでいます。
 そしてお気づきでしょうか、南東の島が大きくて、北西に行くほど小さくなっています。
 これが今回説明する変わった地形の特徴です。

 ハワイ諸島の地下の様子を見てみると、恐らくこのような感じだろうと言われています。

 ①:ホットプルームの支流が地殻を突き破って島を作っている。
ホットスポット1



 ②:①の場所は動かないがプレートは動いているので、島だけが移動する。
ホットスポット2



 ③:再びホットプルームの支流が地殻を突き破って島を作る。
ホットスポット3


 このような場所を「ホットスポット」と呼んでいるそうです。
 この考え方をならば、一番南東のハワイ島だけが現在も活動を続ける火山であること。
 北西に行くほど昔のホットスポット上にあった島なので、長い時間をかけて小さくなっていること。
 これらのことがスムーズに説明できます。

 ちなみに、このまま行くとハワイ諸島は日本まで移動してくるらしいのですが、
 残念ながらその頃には小さくなりすぎて、もう消えてしまっているかもしれません。

 あと、ハワイが来ると言うと、なにか南国の島がそのまま来るというイメージを持っている人が
 多いようなのですが、もちろん例えそのままの形で日本まで来たとしても、
 残念ながら気候は日本と一緒ですので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。