スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイ素(Si)とシリコーン

 どうもこんばんはライネです。
 今日は14番目の元素、ケイ素について見ていきましょう。

半金属

 ケイ素は昨日説明したホウ素と同じく、金属と非金属の中間に位置している元素です。
 これらを「半金属」と呼んでいるらしいのですが、どうやら何をもって半金属とするかは曖昧らしく、
 資料によっては例えばお隣のアルミニウムなども半金属と分類されることもあるようです。


 とはいえ半金属というものを性質に注目してみてみると、
 「金属よりは電気を通しにくいものの、全く通さないわけではない」
 という「半導体(はんどうたい)」と呼ばれる性質を持っているのだそうです。

 この性質が、コンピューターなどを作る上でとてつもなく価値があることなのだそうですが、
 ここはまた今度説明しようと思います。



 そんな、とても重要な半導体を作る上で、良く使われているのがケイ素です。
 ケイ素は地球表面にたくさんある元素で、実際ほとんどの石に交じっている、
 かなりありふれた元素です。

 ただし、ほとんどのケイ素は「二酸化ケイ素」という形で存在していて、
 ここからケイ素を取り除くには、アルミニウムと同じく電気分解をする必要があるそうです。

 
 ちなみに、ケイ素を英語で「シリコン」と呼ぶのですが、
 とてもよく似たものに「シリコン(シリコーン)」と呼ばれる物質があります。
 シリコーンはケイ素と酸素などを混ぜて作った物質なので、全くの別物ではないのですが、
 呼び名が似ているのが紛らわしいですね。

 コンタクトレンズなどに使われるのがシリコーンで、
 半導体として使われるのがシリコン(ケイ素)なので、
 このあたりお間違いの無いように気を付けましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。