スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミニウム(Al)


 どうもこんばんはライネです。
 今日はアルミニウムです。


 以前説明したように、ボーキサイトから電気分解などを応用して作る元素ですね。
 あの時は電気分解とか、イオンとか言われてもどういう事か理解できませんでしたが、
 電子を捨てて陽イオンとなったアルミニウムと、電子を拾って陰イオンとなった酸素イオンが
 電気によって別々に分かれるという話がやっと理解できました。

ホールエール法


 これでひとつ、工業編で解らなかった壁を乗り越えたことになります。
 化学や物理を把握しなければ、工業が理解できないというのがお分かりいただけたでしょうか?

ホウ素・アルミニウム

 さて、周期表を見るとアルミニウムは、ホウ素と縦の並びが一緒なので、
 ホウ素と似たような性質があるハズなのですが、
 実はアルミニウムは金属、ホウ素は半金属という金属と非金属の中間にあるそうです。
  ※なお、アルミニウムの次に登場するケイ素も半金属です。


 周期表の縦の並びは基本的には似通った傾向にあるのですが、
 ホウ素とアルミニウムのように、たまに異なる性質を持つ組み合わせもあるようです。

 どうやら、このあたりはほかの元素とのくっつきやすさ(電気陰性度)にかかわりがあるらしく、
 他の元素とのくっつきやすさは、以前、フッ素とネオンの時にも説明しましたが、
 「一番外側の電子の数が一緒なら、軽い元素のほうが強い」傾向にあるのだそうです。

 
 つまり、最も外側の電子の数が同じアルミニウムとフッ素の場合、
 フッ素の方が他の元素とくっ付きやすいというわけです。
 また、くっ付きやすさが一定以上大きくなると、足りない電子を共有しようとするタイプの結合をするそうです。

水素とヘリウム2

 水素や炭素がこのタイプの繋がり方をしましたね。
 一方、金属であるアルミニウムの場合は昨日説明した金属結合です。

金属結合


 どうやら周期表で見てみると、
 オレンジ色の元素はホウ素のように、電子を共有するタイプの結合の方がしやすいらしく、
 金属と非金属の中間の性質をもつようです。
半金属
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。