スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酸素と生命①


 どうもこんばんはライネです。
 今日は酸素と生命のかかわりについて見ていきます。


 多くの生物が水を必要とし、身体そのものを水によって作っていると言う時点で、
 酸素と生命は切っても切り離せない物だというのはお分かり頂けると思います。

 加えて、口や鼻から空気中の酸素を取り込まなければ人は死んでしまいます。
 これはどうやら、身体を作っているというよりも、
 身体を動かすエネルギーを取り込んでいるのだそうです。
 たしかに、運動をするとたくさんの酸素を取り込もうとい気が荒くなりますね。


 まず、地球には水の形で酸素がたくさんありますが、
 空気中の酸素は、ほとんどが植物などの光合成をする生物によって作られているそうです。
 光合成に関する詳しい説明は昨年7月9日の「光合成ってどういう仕組み?」を参照してください。


 実際に光合成をする生物が居なかった頃、空気中に酸素はほとんどなく、
 酸素を必要としない生物(といってもほとんどが菌ですが)だけの世界だったそうです。
 ちなみに、この生物にとって酸素は猛毒なのだそうです。

 現在も、酸素を必要としない生物は大活躍しておりまして、
 人体に良い影響を与えるものだと「ビフィズス菌」なんかは空気中に出たら死んでしまいます。
 ただ、人体に悪い影響を与えるものもいて、「ボツリヌス菌」は極めて強い毒となるそうです。


 今でこそほとんどの生物が空気中の酸素を必要としているため、
 光合成を行ってくれる植物などは頼もしい存在ですが、
 酸素が猛毒である生物しかいなかった大昔では、
 空気中に大量の毒をばらまく悪魔のような生物だったということになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。