スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベリリウム(Be)・ホウ素(B)


 どうもこんばんはライネです。
 今日は、リチウムの次に入るベリリウムとホウ素について見ていきます。

 この3つの元素は、一般に数が多いハズの軽い(陽子・中性子が少ない)元素の中でも、
 不思議と数の少ない元素なのだそうです。

 まあ、少ないと言っても、比較するのが全ての生物の元となっている炭素や、
 地球表面の7割を占めている水(水素・酸素)などなど、
 多いものはあまりに一般的なもので、わずかに手に入れる分にはあまり難しくない様です。


 実際にリチウムは携帯電話の電池の中に、ベリリウムはちょっと高いスピーカーに、
 ホウ素は耐熱ガラスに使われているそうです。
 なお、先生の家では、いたるところにホウ酸団子が設置されています。

 ちなみに、このような比較的数の少ない元素(金属)を
 「レアメタル(希少金属)」と呼んでいるそうです。 


 レアになってしまったのには、作られにくさと壊れやすさに大きな原因があるらしく、
 例えばホウ素の次に重たい炭素は、陽子が6個なのでヘリウムの原子核が3つ集まれば作れます。
 炭素にさらにヘリウムを加えれば、陽子が8個の酸素もつくれるのだそうです。

炭素や酸素とヘリウム原子核

 一方で、ベリリウムは陽子の数が4個、つまりヘリウムが2つ集まれば作れそうなものなのですが、
 どういう訳か、ヘリウム2つからなるベリリウムは安定しないのだそうです。

ベリリウム9

 ちなみに、安定するベリリウムは「ベリリウム9」というものです。
 どういう理屈で安定する元素があるのかについて調べてみたのですが、
 どこを見ても、ただ「安定する」としか書かれておらず、痒いところに手が届きませんでした。


 おそらくですが、この原因はそもそも「原子核が安定するかどうか」という話が、
 すでに化学の分野ではなく、物理学の分野だからだと思います。 
 ということでちょこっとだけ物理学の話を調べてみたら、
 「陽子と中性子をひとつにまとめる力」というものがありました。

 どうやら「強い相互作用(強い力)」というものが原因のようです。
 なお、「なんで原子核が安定してるんだ」という疑問をうまい具合に説明(予想)したことで、
 湯川秀樹さんは、日本で初めてノーベル賞をもらうことになったそうです。

 
 そこそこ調べてはみましたが、こちらは物理学の説明になってしまうので、
 しばらく放置していくことにします。
 物理学の宿題が増えてしまった・・・。
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。