スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市場指向型工業とは


 どうもこんばんはライネです。

 台風が近づいているようです。
 被害に遭われる方が居ると不謹慎だとはおもいますが・・・
 わくわくしますね!!


 さて、今日も昨日の話の続きで、工業と輸送費についてです。
 昨日の話では、「原材料よりも軽い製品を作るなら、原材料が取れる場所の近くが良い」
 という結論に至ったわけですが、原材料よりも重たい製品なんてものはあり得ません。

輸送距離

 例えば、原材料A10kg、原材料B5kgのものから20kgの製品を作るなんて不可能ですよね?
 正確に言えば、「質量はエネルギー、またその逆も然り」なので、
 絶対に不可能というわけでもないのですが、普通に考えると考えにくいと思います。


 ということは、「市場の近くに工業が立地することはない」という結論になるのですが、
 輸送費だけを見れば確かにそうかもしれないものの、
 輸送費以外の利益を考えると、市場の近くに工業が立地することは良くあるようです。

 たとえば情報なんてものを製品にする場合は、
 どうしたって人がいっぱいいる都市部の方が利益が高くなります。


 インターネットのおかげで別に場所にはこだわる必要が無くなっているとはいえ、
 人と会って手にする情報というのはいつまでも重要なハズなのです。

 情報を製品にするというケースは色々と考えられますが、
 一番単純なのは新聞とか雑誌の出版でしょうか。
 情報を仕入れてすぐに製品にしたいと思ったら都市部に近い方が便利ですよね。

 あとは新商品をばんばん出すような工業なんかもこれの類です。
 私は流行に逆行している方が好きなので、詳しくは解りませんが、
 流行に敏感な新しい服とかもこれに当たります。

 このような工業を「市場指向型工業(しじょうしこうがたこうぎょう)」と言います。
 工業の種類によってどこに立地するのか、
 たしかにこの分野は調べてみると面白いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。