スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力とは何か

 どうもこんばんはライネです。

 さて、原子力の歴史もそろそろ終わりにしましょう。

 基本的には昨日説明した放射線の発見や、
 以前説明したアインシュタインさんの特殊相対性理論によって、
 原子力というものの姿は見えていました。
 そして、理論を実験によって証明することで、原子力が良くわからないものから、
 ごく当たり前の現象へと変化します。


 原子力というものを、強いて言うならば、
 原子が何らかの原因で別物になる際に生じる力という訳です。


 少し例えは違うかもしれませんが、
 この夏、先生は物凄い努力の結果、10kgほどダイエットをしたそうです。
 すでに戻りかけている感もありますが、原子力とはこれに良く似た現象です。

 つまり、元々の先生が10kgダイエットして、少しやせた先生へと変身しました。
 このダイエットのために消費したエネルギーが、原子力と言う訳です。


 原子力は火力や水力と比べ、非常に大きな力を出せるわけですが、
 その反面、厄介な物質を放出してしまうことも確かです。
 ダイエットで言えば、汗ですが、原子力では放射線です。


 先生の汗をたくさん浴びると、ある意味心身に異常をもたらすと思いますが、
 ひとまず、即座に深刻な問題にはならないと思います。
 ですが、放射線はたくさん浴びると体に悪いと言うことは昨日説明しました。



 ちなみに、「放射能(ほうしゃのう)」という言葉がありますが、
 これは「放射線を出す能力」という意味です。
 簡単に言えば魔法使いと魔法の違いです。

 恐ろしい魔法はそれそのものが恐ろしいこともさておき、
 そんな魔法を使える魔法使いも恐ろしい存在であることは確かです。
 でも、意味が違うのはお分かりになるでしょうか?


 なお、ここでいう魔法使いのパワー、つまり放射能の力は、
 アルファ線を見つけたベクレルさんにちなんで、「ベクレル」という単位で表されます。

 そして、魔法が人に与える威力、つまり放射線が人に与える力は、
 「シーベルト」という単位が使われます。


 このような新しいエネルギーであるところの原子力ですが、
 平和に使えば大きなエネルギーにより発電ができます。
 けれども、同時にこれだけ大きなエネルギーなので、武器として使うこともできるわけです。

 残念ながらこの世界の歴史では、世界初の原子力発電が1951年、
 世界初の原子力爆弾が1945年なので、武器としての仕様の方が早かったようです。
 そしてこの原子力爆弾は、この日本に落とされました。

 ただ、幸いと言うにはあまりに大きな被害が残りましたが、
 それ以降、現在までの約70年、原子力を実際に武器として使っては居ないのだそうです。
 
 
 70年分の研究が進んだ現在の原子力爆弾は、日本に落とされたものよりも高性能化しており、
 飛ばす準備だけは万端にしてあるというのが怖い話ではありますが・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。