スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線の怖さとは何か?


 どうもこんばんはライネです。

 それでは原子力と人とのかかわりについて見ていきましょう。
 あ、イングレスについては、また解って来たらお知らせします。


 レントゲンさんが見つけた謎の光エックス線とほぼ同時期に、
 「アンリ・ベクレル」という人も同じようなものを見つけています。

 ベクレルさんの発見は、レントゲンさんのX線発見の数か月後で、
 どうやらレントゲンさんの論文を読んだ友人のポアンカレさんから、
 そういうものがあると教わっていたようです。

 ポアンカレさんは、Q.E.D読者には「ああ、あの人か」と言う人なのですが、
  
 「単連結な3次元閉多様体は3次元球面S^3に同相である」

 という、日本語のはずなのに理解できない問題(ポアンカレ予想)を出題した人です。
 ちなみにこの問題には賞金1億円が欠けられていたのですが、
 すでに10年ほど前に答えが見つけられています。
 

 で、ベクレルさんが見つけたものは「α線(アルファせん)」と呼ばれるもので、
 X線とともに、これらをまとめて「放射線(ほうしゃせん)」と呼ぶようになりました。

 放射線にはその他にも、「β線(ベータせん)」、「γ線(ガンマ線」、
 「陽子線」、「中性子線」などが後に発見されます。

 
 これらの放射線とは、ようするに原子から出てくるナニカなのですが
 実は大きく2種類に分けることができて、
 ベクレルさんが発見したアルファ線の場合はヘリウムの原子核という、ようするに物質です。
 レントゲンさんが発見したエックス線の場合は電磁波という、波なのだそうです。

 電磁波については、またの機会に説明しましょう。

 どちらにせよ、放射線というのは非常に小さい物ではありますが、
 大きな力を持っているのだそうです。
 「放射線は怖い物」と言われるのはこれが理由のようです。



 例えるならば、自動車事故のようなものです。
 大きな力、つまりものすごいスピードで走っている車が人間にぶつかると、
 潰されてしまいます。

 この自動車が、ものすごく小さくて見えないサイズだったと想像してください。
 小さいので、物によっては壁があっても通り抜けてぶつかってきます。
 小さいと、あまり大きな影響はないと思うかもしれませんが、
 人間の体の中にあるDNAなどの大事なものは、大きな衝撃を受けるようです。

 「放射線は怖い」と、意味もなく思っていたのですが、放射線の怖さは、
 突然やってくる自動車事故や、知らない間にスナイパ―に狙撃されるような怖さだと思えば、
 あまり怖く無くなってきました。


 強いて言えば、もちろん即死することもあるのですが、
 ゆるゆると身体の色々なところがダメになっていく怖さはありますね。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。