スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火力発電と原子力発電はほとんど同じ


 どうもこんばんはライネです。

 今日は火力発電の仕組みについて見て行こうと思います。
 とはいえ、基本的な原理は以前説明した蒸気機関とあまり変わりません。

 単純に言えば、ヤカンのピーと同じ原理です。

 水を入れたヤカンをコンロに置いて火をつけ、沸騰した水が気体、つまり水蒸気に変わります。
 ヤカンの種類によるのかもしれませんが、先生の家で使っているものは、
 注ぎ口にフエのようなものが付いていて、水蒸気が出ていくとピーと音を出して、
 沸騰したことを教えてくれます。


 ようするに、このピーとフエを鳴らすように、出てくる蒸気を使って、
 火力発電では「タービン」という物を回すのだそうです。

 タービンというものは蒸気の力で押す水車のようなもので、
 この回転に合わせてコイル(もしくは磁石)が動き、電気が生じるという理屈のようです。

火力発電の仕組み

 なお、火力発電を行う際の火力には、通常、石炭や石油、天然ガスなどが使われるのだそうです。
 日本国内ではほとんどこれらの資源が取れないので、実質日本の電力は、
 他の国から材料を買うことで成り立っていることになります。


 また、何かと話題になっている「原子力発電」ですが、
 こちらも基本的な原理は火力発電と変わらず、蒸気の力を経由して発電しているようです。


 原子力は何に使われているのかと言うと、水を蒸発させるための熱として使われているので、
 ちょっとこの名前にはむずがゆさを感じます。

 原子力を使って水を蒸発させて発電しているのが原子力発電なら、
 石油を燃やして水を蒸発させて発電するのは、石油力発電と言った方がいいのでは?


 ま、石油を燃やすことで得た火で発電するので、火力ではありますか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。