スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気の作り方

 どうもこんばんはライネです。
 今日は生まれて初めて、頭が理解することを拒否しました。

 本当に全て読んでいるのか怪しい先生の蔵書の中から、
 電気に関する物を読み漁っていたのですが、
 不思議なことに、いくら読んでも頭に入ってこないのです。

 なので、大変申し訳ありませんが、理由などはすっぱり横に置いておいて、
 電気の作り方についてご説明いたしましょう。


 用意する物は電線と磁石だけです。
 少し大きめの道具屋に行けば、数百円で購入できるようです。


 そして、電線をぐるぐると輪っかを描くようにまとめます。
 そしたらあとは、その輪っかの中に磁石を通してください。

電気の作り方

 実はもうこれだけで電線には電気が通っているのだそうです。
 磁石を素早く動かせば、それだけ電気が発生するので、手を休めずに動かしてください。
 本当に電気が発生しているかどうかは、例えば電球などを電線の両端につけてみると、
 ぴかっと光ると思います。


 実際の電気もこうやって発電しているのだそうです。
 とはいえ、電力会社のおじさんたちが、一日中磁石を動かしているのではなく、
 磁石は例えば蒸気機関などを利用して動かしています。

 要するに磁石さえ動けば発電ができるというわけなのです。
 できれば、同じ動きを繰り返すようなものが望ましいのですが、
 極端な話、動くものなら何でも電気に変えられるって、凄いと思います。



 今の話は全く逆のこともできて、電気を流せば磁石が動くのだそうです。
 これがモーターの仕組みです。

 以前も説明したように、どんな力でも電気が作れて、
 電気から再び力を生むことができるというのはこういう理屈なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。