スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直流と交流

 どうもこんばんはライネです。

 エジソンさんは世界初の電機会社を作ったという話でした。
 実はこの会社は形を変えて現在も残っているらしく、
 それが「ゼネラル・エレクトリック社」というとてつもない大企業なのだそうです。

 けれども、エジソンさんが生み出した電気は、その後違うものへと変わっていきました。
 エジソンさんは電気を「直流(ちょくりゅう)」という形で販売していたらしいのですが、
 現在、一般に販売されている電気は、「交流(こうりゅう)」というものです。
 
 電気を販売というと、何かイメージが違う気がしますので、電力会社からやってくる電気が、
 直流ではなく交流になったと言った方がいいかもしれません。


 では直流と交流の違いは何かというと、ざっくり言えば、電気の流れ方の違いです。
 これを詳しく説明するには電気とは何かという説明をしなくてはいけません。
 ただいま鋭意勉強中なので、これはまた後で説明するとして、
 今日は直流と交流との違いを簡単に説明するだけにしたいと思います。


 たぶん「電気の流れ」と聞いて、素直に想像するのは直流の方だと思います。
 ひとまず、常に同じ量の電気が流れ続けているとお考えください。

 一方で、交流というのは、プラスの電気とマイナスの電気(と、0の電気)が、
 交互に流れている状況です。


 一般的に電池は直流なのだそうです。
 たしかに電気にはプラスとマイナスがありますが、これが変わることはありません。
 けれども交流というのは、電池で言えばプラスとマイナスがぐるぐる変わっている状況です。

 ちなみに家電製品の多くは直流で作用するそうです。
 だったら電気も直流のまま流せばいいじゃないかと思いますよね?


 けれども、例えば、ものすごく大きな機械を動かす時と、小さな機械を動かす時に、
 同じ電気しかないと、これを変換するのが面倒なのだそうです。

 それに対して交流は、電気のパワー(電圧)を変化させるのが簡単にできるのだそうです。
 簡単とはいっても、高度な数学的理解力がないと、この変換装置を作ることはできません。
 エジソンさんは小学校中退という人なので、これが理解できず作れなかったというわけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。