スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気について

 どうもこんばんはライネです。

 とても興味があった内燃機関の話から発展して、自動車の話までしました。
 そういう知識が秘匿にされないで、私のような一般人でもちょっと調べればわかるというのが、
 この世界の良いところだと思います。
 技術的には難しいと思いますが、作れないものでも無さそうです。


 では、もうひとつ、私の気になっているものについて調べて行こうと思います。
 それは「電気」です。

 蒸気機関も内燃機関も凄いものだと思いましたが、
 電気はもう理解の範疇と超えて、私にとっては魔法です。

 
 SF作家の「アーサー・チャールズ・クラーク」と言う人は、3つの法則を遺したそうです。
 ひとつ、偉い年寄りの科学者が言う「可能」は正しいが、「不可能」は正しくないことが多い。
 ふたつ、不可能だと思うことをやらないと、どこまでが可能なのか解らない。
 みっつ、発達した科学は魔法と見分けがつかない。(すべて意訳)


 疑問に思う間もなく、それに触れていたので「何でテレビの中に人間が!」という、
 異世界人あるあるは冗談でやるくらいなのですが、今でも電気は解らないことがたくさんあります。
 まず、こちらの世界の人々はどのように電気に出会ったのでしょうか?

 
 かなり初期のうちから、「自然の中にある理解ができないもの」として電気を理解していたようです。  
 確かに、雷と静電気が同じものだとは思わなくても、存在していることは解りますね。

 私のいた世界でも、雨とか雹とか雷とか、天から落ちてくる何かということは解っていました。
 私が生まれる前は、神様が落としたものだとかそういう理論もあったらしいのですが、
 雹は解けると雨と同じ水になるので、きっと雷も水のなにかの姿なのかもしれないと思っていました。


 こちらの人と共通するイメージで言えば、幽霊とかと同じで、居る(?)けれど、
 理屈が解っていないものというのが、当初の電気のイメージのようです。
 私は見たことが無いので、本当に居るのか解りませんが、もしすべてが解明されたら、
 なるほどなと理解できるようになるわけです。

 もし、仮に幽霊というものがいて、それが解明されたら、
 きっと幽霊警備員とか、幽霊宅配便とか、もっと便利な社会になるかもしれませんね。


 ちなみに古代の時代、「タレス」という人は世界の仕組みについて、
 「神様がきっとこうしたに違いない」ではなく、「なんでそうなっているのか」と考えたのだそうです。
 私にとってはかなり馴染みのある考え方ですね。
 そうすると、私のいた世界は、こちらの世界では2000年ちょい前の地中海世界に似ているのかもしれません。

 で、タレスさんは静電気についても、「こういうものだろう」と自分の意見を述べています。
 古代の時代すでに、琥珀を擦ると静電気が発生するということは知られていたのだそうです。

 なお、「エレクトリシティ(電気)」、「エレクトリック(電気の)」、「エレクトリカル(電気を使った)」
 などの語源は、ギリシャ語の琥珀を示す「エレクトロン」から来ているそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。