スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャスト・イン・タイム・ダイエット

 どうもこんばんはライネです。
 今日はトヨタ自動車から世界の工場へ伝わったものづくりの裏ワザを紹介します。

 以前、フォードさんがベルトコンベアを使った流れ作業によって、
 自動車の大量生産ができるようになったと説明しましたが、これには無駄がたくさんあったようです。
 これに対して、どうしたらうまい具合に無駄なくできるのかを研究したのがトヨタなのだそうです。
 

 そのひとつが、「ジャスト・イン・タイム」という考え方です。
 簡単に言えば、できるだけ在庫を持たないようにして、使う分だけ用意するということです。


 イメージとしては、お腹が空いた時に行くレストランのようなものですね。
 お腹が空いてると、これくらい食べられるだろうと思って、たくさん注文してしまうのですが、
 思ったほど食べられずに、残してしまうことがあると思います。
 もしくは残さないように、無理をして食べるということは経験ないでしょうか?

 この無駄をなくすために、とりあえず一品頼んで食べたらもう一品頼むという方法を使えば、
 最小限の注文だけでちょうどいい具合に満腹になります。

 工場で言うならば、とりあえず使うだろうからたくさん買って保管しておくと、
 使わなかったら損ですし、保管場所の土地が無駄になります。
 なので、使う分(使った分)だけ注文しようというわけですね。


 ただ、これにはひとつ欠点があります。
 注文してすぐ手に入れば問題ないのですが、注文しても全然来ないということがあれば、
 お腹は空くし、工場も止まってしまいます。



 あとは、自動化ではなく「自働化」する機械を作ったというのもトヨタなのだそうです。
 この2つの言葉のどこが違うかというと、
 自動というのは、勝手に動いてくれるというものです。

 今度は回転寿司で例えてみると、勝手にお寿司が回ってきます。
 ところが、いつまでも取られないお皿がだんだん干からびてきてもそのままだと、
 いつもちゃんとお寿司が新鮮か見守っている人を用意しなければいけません。

 自働化というのは、例えば、干からびたお寿司のお皿を勝手にかたずける機能を、
 あらかじめセットしておくということなのだそうです。
 そうすれば、見守るだけの人は他の仕事ができますね。

 当初の流れ作業方法では、トラブルがあったら誰かが気づくまでそのままだったらしいのですが、
 今では機械そのものがトラブルを知らせてくれるように自働化しているため、
 それこそ、レストランで注文するときのボタンのように、
 機械がトラブルを察知してボタンを押したときだけ、様子を見に行けばいいようです。



 どこかに無駄がないか、どうしたらより良いものが作れるのかを常に考える「カイゼン」というのも、
 日本の工業製品が強くなった理由のひとつのようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。