スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球ができるまで

 たとえそれがどんなものであったとしても、物事をきちんと知るため、
 我々が一番最初に手を付けるべきは過去そのものである。

 こんばんは、ライネです。
 私のいた世界における、様々な学問の神様的存在だった偉人が遺した言葉を日本語にしてみました。 
 例えば、今あなたの身の回りにあるものを何でもいいからひとつ、詳しく調べようとしましょう。
 色々な調べ方があると思いますが、一番最初にやるべきはそのものの歴史だと言う教えです。

 なるほどなあと感心したのですが、この人自身は歴史学者と大ゲンカを繰り返していたそうです。
 私の世界における歴史学は、いわゆる細密な出来事史の研究が中心でして、それを指して、
 過去の記憶を思い出しながら書く日記のようなものと、批判したとかなんとか。

 たぶん歴史学というものが他の学問分野に比べ、権力者的には使えるものだったので、
 かなり優遇されていたことへの嫉妬もあったのかもしれません。


 まあ、そんな話はさておきまして、過去を調べるのは大事だと思います。
 プレートテクトニクスについてまとめたことで、現在の姿は大体説明できるようになりましたが、
 やっぱり地球の事を詳しく知るためには、出来たての地球についても触らなくてはいけないでしょう。

 ということで、ざっくりと今につながる地球表面での出来事を簡単にまとめようと思います。
 
 すでに大雑把ではありますが、地質年代の年表を作ってはありますが、
 出来事そのものについてはまだまだ説明がたりません。
 年表を横目にちょこっと詳しくお話しましょう。


 まずは地球の誕生ですが、約46億年前とされています。

材料

 地球の材料は太陽の周りを公転していた石ころなどだそうです。
 これは太陽からの距離が結構重要らしく、火星より遠い場所では気体が集まった惑星が多くなります。
 どうやら距離が近いと熱が高すぎて、鉄やら石(ケイ素)ならば固体になるけれど、
 メタンなどは気体のままになってしまうからだそうです。

巨大化

 石ころ同士がぶつかって、粉々になったり、合体したりを繰り返して、
 少しづつ大きくなっては、またぶつかって、粉々になったり合体したりを繰り返して、
 地球よりもだいぶ小さいサイズの惑星がたくさん作られました。

 このくらいの大きさになると、重力も強くなるのでお互いに引き寄せあって、
 それこそ月サイズの星の衝突はしょっちゅうあったようです。

 ちなみに、45.5億年ほど前の出来たてほやほやの地球(仮)に、最後にぶつかったのがテイア(仮)です。
 その結果地球(仮)は半壊して、千切れとんだものが集まって月になりました。

 前にも説明しましたが、これをジャイアントインパクト説と呼んでいます。
 前の説明から1か月も経っていないのですが、どうやらこの期間に色々な証拠が見つかって、
 ほぼ確定的な最有力説になりつつあるそうです。

 ただ、鉄や石は珍しいものらしく、材料不足から地球サイズが精々だったと言われています。

マグマオーシャン
 
 テイアがぶつかる前の地球(仮)が誕生した時は、まだ核もマントルもない状態だったそうです。
 まあ、ひっきりなしに隕石が衝突していたので、その熱で金属も石も解けてまざりあっていたわけです。
 これを「マグマオーシャン」と呼んでいます。
 
最初の地球

 そのうち、ゆっくり冷えた地球は、重たい金属が地下に沈んで、それよりは軽い石がマントルになりました。
 さあこれで、ひと段落つきましたね。
 といったころに、遅れてやってきたのがテイアです。

テイア

 直撃という訳ではなかったので、核はほとんど大丈夫だったようですが、
 マントルはえぐられて宇宙に飛んでいきました。
 月の金属核は地球に比べてものすごく小さいらしいのですが、
 これは飛び散ったものの多くがマントルだったからと考えると納得です。

海の星誕生

 さて、遅れてきた大衝突もなんとかひと段落すると、地球の中にあった水蒸気(水)やら二酸化炭素やらの
 金属や石よりは気体になりやすいやつが地表にたまりだします。
 これが空気や海になっていったわけですね。
 ちなみに、どうやらこの水蒸気や二酸化炭素などは隕石などにまざって地球にやってきたものだそうです。

 また、この空気にはまだ酸素はほとんどありません。
 酸素はこの後出てくる、生物が生み出してくれたものですので、それはまた別の話としておきましょう。
 問題は海です。

 最初はものすごく熱かった地球もだんだん落ち着いてくると、ドロドロに溶け合っていた石も固まります。
 さらに水蒸気は雨となって地表に降り注ぎまして、これが海になって、石をさらに冷やしました。
 ところが雨が降り過ぎたため、冷えた石が地殻になったのはいいけれど、ほとんどすべてが海の底でした。
 こうして、今からだいたい40億年前、ほとんど全部海な星が誕生したそうです。

 めでたしめでたし…
 あれ!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。