スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のまとめ(14年)


 どうもこんばんはライネです。
 
 毎日毎日暑いですが、今日は部屋から出ると何もできないくらい暑かったですね。
 こんな日でも先生はお風呂に長時間、主に漫画を読むため入っているのですが、
 どうやら温めなおしていない冷たいお風呂に入っているようです。

 これをすると、出た後20分くらいは暑さに対してほぼ無敵になれるのだそうです。
 身体に良いのかどうかわかりませんが・・・。



 さて、今月のまとめと行きましょう。

いろいろな繊維
  ・産業革命と綿
    産業革命が起こるに至った要素はいろいろとあるわけですが、
    どうやらそのひとつが、「キャラコ」と呼ばれる綿織物ブームだったそうです。

    キャラコを安く大量に作れば飛ぶように売れるため、
    安く作るための機械化が進み、産業革命へとつながったというわけです。
    そういった意味では綿こそ、産業革命の原動力だったと考えることができます。
    
 
  ・絹とカイコについて
  ・動物の毛から作る繊維
    人はいったいどのようにして、昆虫の吐き出す糸を使うようになったのでしょうか。
    動物の毛を使うというのは、なんとなくあれを着たら暖かそうだなと思うのですが、
    例えば蜘蛛の糸なんかから着る物を作るなんて、想像もできません。

    けれども、いつから始まったのか解らないものの、少なくとも5000年以上昔から、
    人はカイコという虫を育てて、絹を得ていました。
    しかもその絹は今も昔も高級品なんですよね。
    

  ・最初の化学繊維レーヨン
  ・ナイロンとポリエステルについて 
    別に繊維そのものが不足しているのなら、人工の代替繊維を作るのも解るのですが、
    むしろ不足しがちな石油から繊維を作るというから、良くわかりません。

    ちなみにレーヨンに関しては木材由来の繊維から
    安価に絹のような繊維を作ることを目的として作られたのだそうです。

 
  ・繊維の用途は着る物に限らない?
    ポリエステルの一種である「ポリエチレンテレフタレート」という物質があります。
    おそらくこれが着ない繊維として一番有名なものなのかもしれません。
    そんなもの聞いたことないと言うあなた、ポリ・エチレン・テレフタレートですよ。
    略してPET、ペットボトルの材料です。


  ・人が想像できることを実現してしまった例
  ・軌道エレベーターについて
    繊維の応用範囲は宇宙規模です。
    糸を集めたヒモを集めて作る縄で、高いところに昇るということはありますが、
    かなり真面目にその縄を宇宙から釣り下ろしてエレベーターを作ろうと
    研究が進んでいるそうです。

    はじめはアイディアだけが先行していて、それに見合った素材が無かったのですが、
    それを叶えるに足る繊維としてカーボンナノチューブが登場したことで、
    急に現実味を帯びてきました。


エネルギー
  ・エネルギーとは  
    人間はご飯を食べることによって動いています。
    なので、この場合ご飯がエネルギーと言うことになります。
    そもそもエネルギーが無ければ人間や自動車はおろか宇宙ですら動きません。
    工業分野で言えば、機械を動かすための力をエネルギーというようです。


  ・火とは何か
    エネルギーとは基本的に熱を経由するもののようです。
    では熱とは何かということで、まず火について調べてみました。
    そして分かったことは、熱と火は別物だったということです。
    ちなみに火というとゆらゆらと燃える炎を想像しますが、火と炎も別物です。


  ・薪と木炭
    人が一番最初に使ったエネルギーを生むための資源は植物なのだと思います。
    特に火をつけるための資源として木材が使われました。

    ちなみに、木材を一度燃やして作る木炭には、
    揮発性の成分、つまり炎を出す成分がほとんどないので、
    炎は出ないけれども火が付きます。


  ・木炭の今
    木炭はただの木材と違って、同じペースで長く燃えると言う特性があるようです。
    たしかに料理にしても何にしても、長く同じペースで燃えてくれないと、
    使い勝手が悪いので、木炭の方が便利な資源なのかもしれません。
    また、木炭の利用によって人は金属を加工することができるようになりました。


  ・石炭の種類  
  ・日本書紀と石炭
    木炭の次に使われるようになったエネルギー資源は石炭でした。
    とはいえ、石炭そのものは昔から存在していたので、
    大規模に利用されるようになったと言った方が正しいと思います。

    何故大規模に使われるようになったのかと言えば、
    それはもちろん産業革命によって蒸気機関が発達したからです。


  ・石炭の産出量と貿易量
    石炭がどこで取れるのか、これは古期造山帯が多い地域なのですが、
    国別で言うと、中国、インド、アメリカが多いようです。
    ただし、中国やインドはたくさん取れるうえに、
    他の国からも買っているという大消費国でもあります。

    世界中に石炭を売っているのはオーストラリアやインドネシアなのだそうです。
    また、日本は世界で一番石炭を買っている国だったようです。


  ・石油って何だろう
    まず、この記事を調べていて驚いたことは、
    「石油」というものは存在しないのだということです。
    正確に言えば、まとめて石油と呼ぶものはあるのですが、
    そのひとつひとつに別の名前が付けられているというわけです。

    例えるなら、野菜炒めに入っているのは野菜ではなく、
    ピーマンやニンジンやキャベツであると言っているような感じですかね。
    なので、正確に言えば原油を精製して作られるもの全てを石油と言っている
    と考えてください。
    
  
  ・原油から重油を取り出す方法
  ・原油から取れるいろいろな石油
    原油から石油を取り出す方法は一般的には熱するだけです。
    そして熱したうえで、最後に残ったものを重油と言います。
 
    重油よりも低い温度では、軽油、灯油、ガソリン(ナフタ)、石油ガスなど
    その他様々な用途で使える石油製品も取り出すことができるので、
    ただ原油を燃やすだけではなく、熱をコントロールする技術も必要になるようです。


  ・重油・軽油・灯油の利用方法  
  ・その他の石油製品について
    重油の中でも特に濃い部分をアスファルトと言うようです。
    これはあまりエネルギー資源としては使われずに、舗装材料などになります。
    そして、重油と軽油を混ぜたものや、軽油、灯油、ガソリンなどは
    乗り物を動かすエネルギーとして使われることが多いようです。

    大雑把に言えば、ゆっくりじっくり長く大きなものを動かす場合は重油、
    小さなものを素早く動かす場合にはガソリンが使われるようです。


鉄鋼業
  ・コークスと製鉄業
    木材から木炭を作ったように、
    石炭も一度燃やすことでコークスというものになります。
    こうすることで不純物が少なく、安定したエネルギーが使えるのだそうです。

    そして木炭によって人が金属を扱えるようになったように、
    コークスによって製鉄業そのものが大きく発達したようです。


  ・鉄と鋼
  ・鉄鉱石から鉄を取り出す方法
  ・鉄は国家なり  
    鉄と炭素を混ぜると鋼になると言うことは知っていたのですが、
    純粋な鉄に炭素を混ぜるのではなく、
    むしろ鉄が混ざっている鉄鉱石から、やや不純物の多い鉄を取り出して、
    その不純物である炭素を少しだけ取り除いたものが鋼なのだそうです。

    よって、製鉄所などで使われる石炭は、鉄との混合用ではなく、
    むしろ鉄鉱石を熱してどろどろに溶けた鉄を取り出すための
    エネルギーとして使われることの方がおおいようです。    


  ・鉄道とバカボンは良く似ていると思う
  ・蒸気機関車の時代  
    鉄や鋼によって様々なものが作られたわけですが、
    そんな中でも特に重要なのが鉄道です。

    鉄道、そして蒸気機関の出会いによって、
    内陸部でも物を大量に遠くまで運べるようになりました。
    これはこれで、また大きな時代の変化に違いありません。



 いよいよ来月で、まるまる2年と言うことになります。
 たまに夜11時ぎりぎりになるまで記事ができないことがあったり、
 説明に図を使おうにも使う機会がなかったりと、手抜きな記事になることが多々ありましたが、
 それでも毎日書き続けてここまで来ることができました。

 また来月もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。