スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繊維の用途は着る物に限らない?

 どうもこんばんはライネです。
 いろいろな繊維について調べてきたわけですが、どうやら私の考える繊維と、
 この世界で実際に使われている繊維には若干の誤差があるようです。


 私にとって繊維というものは糸であり、糸というものは着る物の材料でした。
 そこから転じて、着る物ではないけれど身の回りの布の材料というところまでが、
 私の考える繊維です。

 例えば布団や袋のように、着る物ではないけれど繊維を材料にすることの多いものなら、
 なんとかわかるのですが、最大限譲歩してもテントのような建築物までです。

 ところが、この世界で使われている繊維には、
 どうみても金属にしか思えないようなものにまで使われているのです。


 繊維というものが、細長い糸状のものを指す言葉ということは正しいようなのですが、
 それを束ねることで、金属のような硬さを再現することができるのだそうです。

 この様な繊維はただの金属と異なり、一本一本はやはり糸なので、
 一本が切れても即座に全てが切れるということはなく、非常に頑丈な性質も持っているようです。


 このような変化が起こったのは、実は最近のことで、
 少し昔は糸のように細いものを作り出すことが難しかったのだそうです。
 なので、やはり動物の毛や植物など、自然に存在するものを加工する程度でした。

 けれども最近では、昨日登場した石油を原料とする繊維のように、
 本来繊維の形をしていないものを繊維にする技術が生まれました。
 金属やガラスのようなものからも繊維状の物質を作ることができるのだそうです。

 さらに、どうすればより強い繊維になるかという研究もすすみ、
 非常に小さい世界で、それを実践することができるようになったわけです。


 例えば、「炭素繊維(カーボンファイバー)」と呼ばれるものは、
 やはり石油などから作った繊維なのですが、軽くて丈夫という特性から、
 現在ではスポーツ用品や飛行機の材料など多様な利用のされ方をしています。

 また、「カーボンナノチューブ」という極めて小さな筒状の物質を繊維として捉えると、
 将来的には宇宙からこれを垂らして、エレベーターがつくれるかもしれないそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。