スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイロンとポリエステルについて

 どうもこんばんはライネです。

 人工的に作られた繊維として昨日はレーヨンを紹介しましたが、
 それでもレーヨンの材料となる物質は植物なので、
 広い意味では植物繊維ともいえないこともありません。
 (実際には言いませんが)

 けれどもさらに、変わった繊維として、「ナイロン」というものがあります。
 これは石油を原材料として作られる繊維なのですが、熱には強く、
 200度以上の温度にも耐えられるという代物です。

 なお、同じく石油を原材料とした繊維には「ポリエステル」もあります。
 こちらもやはり熱に強い性質を持っています。


 レーヨンもナイロンも、自然界に無いものを人の手で作りだした繊維として、
 「化学繊維」と呼ばれますが、これまでの説明でもお分かりの通り、
 原材料的にはレーヨンは植物、ナイロンは石油ということで、そこに違いがあります。

 なので、レーヨンのような繊維のことを「再生繊維」、
 ナイロンのような繊維のことを「合成繊維」と、呼んでいるようです。


 石油が何からできているかは、いまいち解っていないらしいのですが、
 現在有力な説としてはやはり生物由来の資源なのだろうという話なので、
 合成繊維であっても、その大本をたどれば生物ということになります。

 そう考えると、この世の繊維は大本をたどれば全て生物由来と言えないこともないのですが、
 それでも、動物や植物が生きていく過程で作り出すものと、
 動物や植物だったものを、複雑な化学処理をしたものとではかなり違いがあるわけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。