スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸気の力について

 どうもこんばんはライネです。
 今日は産業革命を支えた技術、蒸気機関についてみていきましょう。

 まず、蒸気機関というのはどういうものなのかといいますと、
 これは意外と単純な機械でして、水を蒸発させることで得られる水蒸気を利用します。

 いちばん身近なところでは、ヤカンの音が鳴る仕組みとおなじです。
 ざっくり言うと、水は液体から気体になると、体積が増えます。
 体積というと、形があるように見えるので少し言葉を加えましょう。

 本来水というものは、小さな水の粒の集まりです。
 これが液体のときには粒と粒の距離が近いのですが、
 気体になると、粒と粒の距離が広がって、目に見えない水蒸気となるわけです。


 で、たとえば何かの容器の中に入れた水を熱して水蒸気にすると、
 水の粒が広がることで、その容器はパンパンに膨れます。
 また、その容器に穴を開ければ、その穴から勢いよく水蒸気が噴き出すというわけです。

 ヤカンは、穴の形を工夫することで、水蒸気がたくさん出るくらい水が温まったことを
 教えてくれるというわけです。


 で、これはわりと単純なシステムなので、
 蒸気機関そのものは今から2000年以上前からつくられていたそうです。

 そしてそれが今から200年前の産業革命を支えたというので、
 なんとも古い技術だなと思ったのですが、
 実は今パソコンを使っている電力もほとんどは、水蒸気の力で作っているのだそうです。


 たとえば火力発電はまさにそのまま火で水蒸気を作っているわけですが、
 原子力発電も、基本的にはものすごい高温になる原子力を使って、
 水を蒸発させているので、こちらも広い意味では蒸気機関が使われているということになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。