スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工場制機械工業

 どうもこんばんはライネです。
 一番最初に行った工業から、工場制手工業まで見てきたわけですが、
 基本的に手作業で製品を作るという点では全て共通してきました。

 けれども西暦1800年より少し前くらいに、大きな変化が起こります。
 色々な条件が積み重なって、ついに機械を使ったものづくりが始まるのです。

 こうやって機械を使ったものづくりを「工場制機械工業」と呼んでいます。
 人の手によるものづくりと、機械によるものづくりの大きな違いは、
 休む必要が無いということです。

 もちろん、機械の性能を維持するためにある程度のメンテナンスは必要になりますが、
 壊れない範囲内であれば、24時間動かし続けることができます。
 なにより、どんな重労働であっても文句は言わず、お給料も求めません。


 とはいえ、科学の進んだ現在でも、工業に人の手は必要です。
 なので、機械を使った工業といっても、完全に機械だけでものを作るというより、
 手工業でつかってきた物とは格段に性能の良い複雑な道具をつかうことで、
 誰でも便利に、早く、大量に物が作れるようになったといったほうが良いでしょう。


 また、手作業で無いぶん、ひとつひとつの性能の差は少なくなりました。
 現在では例えば同じメーカーの同じ種類の製品なら、どれを買ってもほとんど同じですが、
 手工業が中心だった時代は、同じ職人さんが作った製品でも、
 当たり外れは少なからずあったはずです。



 ちなみに、250年近く前に始まったこの工場制機械工業は、
 現在でも広く行われている工業となっています。

 ただし、つくる製品によってはまだまだ手工業も現役です。
 むしろ、手工業によって作った製品のほうが、
 本当に熟練の職人さんによるものなので、高いけれど質が良いそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。