スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉と文字の誕生

 どうもこんばんはライネです。

 私は現在、ほぼ不自由な思いをすることなく日本語を使っていますが、
 それはかなり大きな割合で、ネイティブな日本語話者の先生と暮らしているからだと思います。
 その結果、私の「語彙(ごい)」は、先生が良く使う言葉、もしくは先生が使える言葉を
 真似ているので、もしも日本語として変な言い回しがあったなら、それは先生のせいです。


 さて、昨日は文字の誕生という話をしましたが、恐らく言葉そのものは、
 もっともっと古い時代に生まれたものなのでしょう。

 言葉がいつ誕生したのか詳しいところは解っていないそうですが、
 その生物が持っている「声を出す」という能力の範囲でうまい具合に自分の意思を
 他人に使えるように整えていったものが言葉なのだと思います。


 言葉の面白いところは、それが意思を伝える道具として、
 おそらく色々な地域で生まれたり、変化していったため、
 今も世界中で様々な言葉が使われているということです。

 それを勉強しなければ他の言葉を使っている人に意思を伝えられないという
 面倒なところはありますが、むしろ「道具」が地域によって様々な形に変化していったというのは、
 「物づくり(工業製品)」とは違いますが、何か似たようなところがあると思います。


 けれども、だからこそかも知れませんが、地域によって「存在しない単語」というものがあるわけです。
 何かと話題になったものとしては「MOTTAINAI」ですね。
 日本語の「もったいない」という単語は、他の地域にはない意味を一語で示しているのだそうです。

 このような単語の有無は、確実にその地域の中で必要だから生まれ、不必要だから生まれなかったのでしょう。
 それはまるで、化学の世界で新しく作った元素に名前を付けるように、
 名づけるものが無ければ、言葉は生まれないわけです。


 実は、日本は今から100年ちょっと前まで、
 鎖国といって、他の地域との付き合いをかなり制限した生活をしていたそうです。
 そして、それをやめたとき、知らない言葉、知らない意味がたくさん輸入されました。

 その頃、それに対応する日本語がたくさん生み出されたのだそうです。
 その生み出し方にはいろいろあって、完全オリジナルで生み出してしまったものや、
 元々あった言葉に新しい意味を加えたものなど、やり方はいろいろあったようです。


 んで、私が調べた限りですが、どうやらその中に「文明」という言葉があります。
 これはどうやら元々あった言葉に新しい意味を加えたものなのだそうですが、
 意味としては「人間社会」というようなものです。

 ここからは私の完全な想像なのですが、もし「文」章で「明」らかになる(社会)なのだとしたら、
 それはまさしく歴史時代の始まりを示しているのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。