スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工業の定義②

 どうもこんばんはライネです。

 今日は工業の起源について考えてみましょう。
 という訳で工業の定義を

 「人間が、その明確な目的を叶えるために磨いた技術と知恵によって、
  そのままであるよりも、有益なものを作ること」

 と、しましょう。
 かっこよくないですか?


 とはいえ、この定義で言うと、芸術作品を作ることも工業の一種になってしまいます。
 事実、芸術作品を作る場合と、工業製品を作る場合の境界線はあいまいな部分があるようです。

 このふたつの境界線を「実用性があるか」で引く場合が一般的なのですが、
 芸術作品を飾っておくことで、日々の生活が華やかになるという点では実用性があると思います。
 反対に、車とか時計とかには芸術性を感じるデザインのものも多くあります。

 やはり、工業と芸術をくっきり分けるのは難しいのですが、
 ひとまず、芸術と工業の境界線上にあるものを「工芸」と呼んでいるようです。



 さて、そんな中で人類が一番最初に行った工業とは何でしょうか?
 これは私の想像なのですが、武器だったのではないかと思います。

 例えば、原始的な槍のようなものだったり、ナイフのようなものだったり、
 腕力ではかなり弱い人類が弱肉強食の自然界で生き延びていく為に、
 技術と知恵を磨いて、そういった武器を作り出すことが最初の工業だったのではないでしょうか?

 そう考えてみると、工業とは、
 「ヒトという生物が、生まれながらに持つことのできなかった力を補う代用品をつくること」
 なのかもしれません。

 そう考えれば、空を飛ぶこと、速く走ること、海の中で呼吸すること、
 鋭い牙をもつこと、暖かい毛皮をもつことなど、工業で可能になった事はたくさんありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。