スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工業の定義

 どうもこんばんはライネです。

 ひとまず、林業編もひと段落つきました。
 というわけで、これにて農業のお話はお終いということになります。
 長かったですね…

 途中あちらこちらに話がブレることもありましたが、
 昨年11月の頭から、半年も農業の話をしてきました。


 さて、今日からは農業から工業の話に変わります。
 というより、農業の話の中にも部分的に工業の話がちらほら登場してきました。
 例えば、酪農はチーズを作るという話や、林業で木を加工するという話などがそれです。


 実は工業というと、テレビやパソコンなど「命」の見えないものを作るというイメージがありますが、
 それだけが工業というわけでもないようです。

 ちなみに、ここでいう「命」はいわゆる「有機物(ゆうきぶつ)」と呼ばれるものです。
 有機物というものは、本来の言葉では「炭素を含む物質(化合物)」という意味らしいのですが、
 たしかに私達は植物が二酸化炭素を吸い込むことで、身体の中に炭素を取り込み成長し、
 その植物や、植物を食べた動物を食べることで、炭素を取り込んでいるので、
 非常に複雑な有機物と呼ぶことができます。

 反対に、二酸化炭素のような単純な炭素を含む物質は有機物とは言わないそうですが、
 ざっくり言えば、やはり有機物とは「命」の一部を示すわけです。


 ただし、全ての有機物が「命」になるかというと、そういうわけでもありません。
 ですが、少なくとも今考えられている「命」は全てが有機物であると言われます。



 少し脱線しましたが、農業などで登場したように、牛乳からチーズを作ること、樹木から板を作ること。
 これらは「工業」として分類されます。

 つまり、工業とは何かと考えたとき、
 その答えは「人間が何かを作ること」と定義することができるわけです。
 身の回りに見えるもののほとんど全ては工業によって生み出されています。


 ただし、生物として絶対不可欠なものを作ることはこの中に入りません。
 簡単に言えば、私達は呼吸によって二酸化炭素を吐いていますが、
 これをもって二酸化炭素を作り出すことを工業とは言いません。

 子供を作ることも、生物として当たり前の行動なので、やはり工業には入りません。
 先生は実家のご両親から当たり前の行動をしていないことについて色々と言われているそうですが…。

 というわけで、少し定義に付け加えるとしたら、
 工業とは「人間がその技術をもって何かを作ること」としておきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。