スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マングローブとは

 どうもこんばんはライネです。
 今日から林業編です。

 というわけで、漁業ととても深いつながりのある、「マングローブ」についてご紹介します。
 まず基礎知識としてですが、マングローブというのは、ある特徴をもった「森林」の名前です。
 なので、マングローブという樹木は存在しないのでご注意ください。


 マングローブとは何かと言いますと、海水と淡水が混じった暖かい水辺に見られる森林でして、
 特徴的な根っこを持っている樹木が生えているのがポイントです。

 マングローブを形成する樹木が生える地域は、言ってみれば泥の中なので、
 砂の粒が小さく、地中深くに根っこを生やしてしまうと、空気が少なく普通の植物では育つことができないそうです。

 そこで、浅い部分に横に向かって根を生やしたり(支柱根)、
 根っこが地面から上に向かって伸びていたり(膝根)と、特徴的な根っこをもつというわけです。
 

 マングローブが見られるような地域は栄養分も豊富で、さらにマングローブの根っこが良い隠れ場所となるため、
 色々な生物がそこには暮らしているそうです。
 近年ではその他にも、海水の浄化機能や津波の被害を軽減する機能にも注目されており、
 とてつもなく価値の高い森林と考えられています。

 
 ところが、マングローブの見られるような浅くて泥のあるような海や汽水域は、
 エビを育てる環境としても適しているらしく、東南アジアではエビ養殖場とするために、
 このマングローブが破壊されてしまうケースも多々あるようです。

 で、その東南アジアのエビをがっつり輸入しているのが日本なわけで、
 間接的にマングローブを減らしてしまっているようなのです。


 ちなみに、東京海上日動さんがつくるマングローブワールドというサイトは、
 かなり作りが細やかなので、詳しく調べようと思ったら一度見てみるといいかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。