スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本と世界のエビ漁獲量・貿易量

 どうもこんばんはライネでございます。
 今期のアニメは非常に本数が多くて、先生もやっと撮り溜めている分が消化できたそうです。


 人によって好みがあるので、何が良い悪いと言うつもりはないのですが、
 個人的には、また来週も見たくなるようなアニメは良いアニメだと思います。

 そうなってくると原作の漫画や小説を読んでいるということは、
 アニメを見ても確認作業になってしまって、もったいない気がします。

 そして極端に来週が気になる作品も、一週間もやもや過ごすことになってしまい、
 これはこれで、いい作品かもしれないのですが、精神的には面倒な作品かもしれません。



 さて、今日はえびの話です。
 農林水産省ウェブサイトの水産物生産統計を調べると、
 上位10カ国はこのようになっているようです。

ebi.jpg

 ちなみにデータの由来はFAO(国連食糧農業機関)の統計から来ているようです。
 年時は2011年のもの。


 やはり人口の多い国はエビの生産も多くなる傾向にあるようです。
 

 また貿易量はこちらです。
 
エビの貿易量

 日本のエビの漁獲量は大体2万トン程度なので、その10倍以上を輸入に頼っていることになります。 
 主なエビの輸入先は昨日も載せましたが、水産白書いわく、
 ベトナム、インドネシア、タイなどの東南アジアの国々です。

 で、どうやら、この東南アジアでは日本向けのエビを育てるために、
 少し厄介な問題を抱えているそうなのですが…

 こちらについては次回、林業編で詳しく調べてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。