スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の漁獲量

 どうもこんばんはライネです。
 今日は世界の漁獲量について見て行こうと思います。

 水産庁さんの平成20年度水産白書のデータを見ると、
 2007年における世界各国の水産量を見るとこのような感じになっているようです。

世界の漁獲量

 中国が圧倒的ですね。
 そして面白いことにその中国の漁獲量を支えるのは養殖業のようです。

 そしてそれに次いで、インドネシア、インドなどアジアの国、
 特に日本を含む太平洋に面する国に漁獲量の多い国が多いようです。

世界の漁獲量の推移

 また、上位5カ国の推移を見てみるとこのような感じになります。
 概観するとペルーはギザギザ、インドとインドネシアはゆっくりと増加傾向にあります。
 ペルーについては「エルニーニョ現象」が起こると海底から湧き上がるプランクトンが減って、
 それをエサにする魚も減るため、漁獲量が減るという自然の影響を受けているそうです。

 そして1970年~1985年くらいまでは日本が世界最大の漁業国だったようですが、
 1990年頃から急速に中国が成長しています。

 その変化について、詳しくはこちらをご覧ください。

中国の漁獲量の推移

 漁業による漁獲量も増えているのですが、こちらは1995年頃に頭打ちになり、
 やはり1990年頃から急速に養殖業が成長していることが解ります。

 どうやらこれは、詳しく説明するには中国の社会システムの話をしなくてはいけないのですが、
 簡単に言えば、養殖に関する技術の確立と、経済の自由化が結びついた結果のようです。
 
 また、中国の養殖はもちろん海にいけすを作る養殖もおこなっているのですが、
 池や田んぼを使った淡水魚の養殖、つまり内水面養殖がとても盛んのようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。