FC2ブログ

栽培漁業は儲かるの?

 どうもこんばんはライネです。
 今日は栽培漁業について調べてみました。


 養殖漁業も栽培漁業も魚を育てるという点においては同じなのですが、
 養殖というのは食べるまでずっと育てるもので、
 栽培というのは育てても食べないという違いがあります。

 魚の多くはたくさん卵を産むものの、その多くは他の魚のエサになったりして、
 人間が食べられるようになるまでに育つ魚はあまり多くないそうです。


 そこで、人間が管理している環境下で大きくなるまで魚をそだてて、
 海に放流することで、魚の数が減らないようにしているのだそうです。

 ということは、気になるのが収入です。
 魚を海に流してしまうのだから、この仕事をする人のお金はどこから来るのでしょうか?


 農業の時にも語らせていただきましたが、
 お金が手に入らなければその仕事を続けていくのは難しいと思います。

 調べたところ、栽培漁業というのは多くの場合で都道府県やその周辺の漁業組合などが
 ちからを合わせて行っているケースが多いようです。

 つまり、栽培漁業は直接お金が手に入るというより、
 栽培漁業を行えば魚が増えて他の漁業で魚が捕まえやすくなるので、
 他の漁業をする人などが得たお金の一部を支払うことで成り立っているようです。

 私達の視点でいえば、魚を買ったときのお金の一部が回りまわって栽培漁業をする人にも
 入っているというかんじでしょうか?

 確かに魚が少なくなってしまえばその他の漁業もやっていけなくなるので、
 うまい仕組みですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック