スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカの捕まえ方

 どうもこんばんはライネです。
 今日はイカの捕まえ方です。

 イカにも色々と種類があって、捕まえ方には大きく分けて3種類あるようです。
 遠洋漁業や沖合漁業では基本的には「釣り漁」がメインで、
 近海の場合は「釣り」、「定置網」、「底引き網」に分かれます。


 「イカ釣り漁」について見てみますと、
 基本的に夜、船の上から「集魚灯」というライトを照らすことで、集まってくるイカを、
 機械で釣り上げていくという方法を取っているようです。

 ただし、夜行性であるはずのイカが光に集まるというのもおかしな話なので、
 海が明るくなったため、船の影に集まろうとしているという説や、
 光に集まったイカのエサを捕まえるためにイカがやってくるという説など、
 詳しいところは良くわかっていない様です。


 また、イカを捕まえる時に使う釣り針も変わっていて、
 エサを付ける場合もあるらしいのですが、
 基本的にはキラキラしている棒の先にトゲ状の針がついたものを海に入れると、
 これにイカが抱き着くので、そのまま釣り上げるだけでいいようです。

 昨日のカツオの時にも思ったのですが、エサで釣るのが普通だと思っていたので、
 エサを使わない釣りというのは新鮮でした。



 また、比較的陸地に近い地域では海が浅く、浅い海には海底に住むイカがいるため、
 近海の場合は網を船で引っ張る「底引き網漁」や、

底引き網漁


 網の罠を張る「定置網漁」などが行われているようです。

定置網漁

 ※外側に開いた網で、魚の進行方向を遮り、網の中に入ると出られなくなるようになっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。