スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貝類を捕まえる方法

 どうもこんばんはライネです。
 日本でマグロ類の次に多く捕れている魚介類(金額ベース)は、意外にも貝でした。
 
貝類の生産額


 そしてその内訳は、金額ベースで言えばホタテが半分を占めているようです。
 金額ベースではいわゆる高級なものは、取れる量が少なくても上位に来るので、
 アワビやサザエについては、量そのものはあまり多くないみたいですね。


 貝類の取り方には、「採貝」、「養殖」、「底引き網漁」が中心のようです。
 それぞれの方法について見ていきましょう。


 採貝
 いわゆる「とったどー」です。
 この方法の難しいところは、その気になれば全て捕れてしまうところにあるようです。
 なので、基本的には漁業権を持たない人が行ってはいけません。


 養殖
 採貝のように天然ものの貝類は取り過ぎてしまうと、
 将来的にその漁場から居なくなってしまう可能性があります。

 そこで現在かなり力が入っているのが、この養殖業です。
 一般的に養殖というのは、海に設置した「いけす」の中で育てるのですが、
 最近では必ずしも海で行わない場合もあるようです。

 漁業の中でも、畜産業にかなり近い形態ですね。
 

 底引き網漁
 海底近くにたらした網を船で引っ張って、魚を捕まえるのがこれです。
 貝類を採集する場合などは特に近海の浅い海になるようです。

底引き網漁
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。