スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグロはどうやって捕まえているのか

 どうもこんばんはライネです。
 あくまでも金額ベースですが、日本で一番捕られている魚はマグロでした。
 という訳でもないのですが、今日の夜はマグロ丼にしてみました。


 では、このマグロはどうやって捕っているのでしょうか?
 近所の釣り堀で、釣竿にエサを付けての普通の釣りなら経験したことがあるのですが、
 漁業(漁)の仕方にはいろいろな種類があるようです。


 というわけで、一般社団法人、全国漁業就業者確保育成センターさんの
 ウェブサイトを参考に、魚の釣り方を見て行きたいと思います。
 かなり多様なので、今日はマグロを釣る時に使われるものに限定します。


 マグロの場合、「延縄漁」、「まき網漁」(主に遠洋)、「ひき縄(釣り漁)」
 で釣ることが多いようです。
 順番に見て行きましょう。


 延縄漁
 「延縄(はえなわ)」というものを使うのですが、
 これは簡単に言えば、長い釣り糸(というより、文字通り縄)の先に、
 たくさんの針をつけた魚の釣り方です。

 このようなものを海に少し置いておいて、
 針にくらいついた魚をあとで引き上げるという感じのようです。


延縄漁
 
 マグロの場合、この方法は遠洋でも近海でも使われるらしいのですが、
 この縄の長さは場合によっては100km以上にもなるそうです。

東京駅から100kmの範囲

 ちなみに東京駅から100kmにあたる地域はこんな感じです。
 これより長い縄を使うというのだから、にわかには信じられません。
 
 そして遠洋漁業の場合1回の航海が1年、
 近海だとしても最低1か月程度は帰ってこれないそうです。
 1年も漁に出ていたら、家なんていらないかもしれません。
 

 まき網漁
 これは、いわゆる釣りとは違って、大きな網を使った魚の捕まえ方です。
 また漁船も複数の漁船のチームワークが必要になるそうで、
 マグロを釣るような場合は、比較的遠くまで行くケースが多いようです。
 
 こんな感じで罠を作る釣り方に近いようです。

まき網漁


 引き縄漁
 こちらは、簡易版の延縄漁とでも言いましょうか、
 延縄漁とそれほど変わらないのですが、船から長めの釣り糸をたらして、
 そのまま魚を釣る方法だそうです。
 普通の魚釣りの方法に近いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。