FC2ブログ

排他的経済水域とは

 どうもこんばんはライネです。
 今日は海の種類に関するお話です。

 海そのものはひとつなわけなのですが、
 人間とのかかわり合い、特に国と国とのかかわり合いによって、
 海は大きく3つに分けることができます。

 それが「領海(りょうかい)」、「排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき)」、
 そして「公海(こうかい)」です。

領海と排他的水域


 領海というものは、昨日説明した国家の3大要素である「領域」に入る海です。
 つまり、領海の中には他の国の人や船などが許可なく入ることができません。
 入ることができないということはもちろん、そこにいる魚を捕まえたりすることも無理ですね。

 領海は、通常「低潮時の陸地から12海里までの海」とされています。
 低潮というのは、一番潮が引いた時のことです。

 
 そして排他的経済水域、こちらも領海と同じように低潮時の海岸線を基準とする200海里の海が範囲です。
 ただしこちらは許可のない他国の船や人が入ってくることには特に問題ありません。

 ですが、経済(お金儲け)に関すること。
 つまりそこに住む魚を捕まえたり、資源を獲ったり、何かの実験をしたりするには、
 許可をとらなければいけません。

 
 
 そして公海は排他的経済水域の外側にある海で、
 ここの海はみんなの海とされ、何をしても問題ありません。
 ただし、保護動物を捕まえたり、核実験などをする場合は、
 また違う法律や条約によって禁止されている場合があります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック