スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁業と遊漁

 どうもこんばんはライネです。
 漁業編2回目です。
 今日は漁業というものをもう少し詳しく見て行きます。


 まず、水の中に住む生物全般をつかまえたり、育てたり、加工したりすること全般を、
 「水産業(すいさんぎょう)」と言います。
 そのうちの魚や海草などの水中の生物を捕まえる仕事を「漁業」と言います。

 つまり生きていくためのお金を手に入れる目的で、魚を捕まえることを漁業と言い、
 それに対して、趣味の範疇で魚を捕まえることを、「遊漁(ぎゅうぎょ)」と言うようです。


 このあたりの違いについて、農林水産省のウェブサイトを見ても、どこからが遊漁なのか、
 どこからが漁業なのか明確な決まりが書かれている所が見つからなかったので、
 「漁業法」という法律をヒントに独自解釈させていただきます。


 日本では漁業法という法律によって、漁業を営む人(集団)に対して、
 独占的に魚を捕まえる権利が認められているようです。

 具体的には、「定置漁具(ていちぎょぐ)」という、巨大な罠を海に設置する権利や、
 一定の範囲の海をつかって養殖を行う権利、
 そして、ある組合に所属する人たちだけが捕まえて良い
 特定の魚や海草、貝なども指定されています。


 漁業を営まない人、つまり趣味で魚を捕まえる人(遊漁をする人)には、
 この権利が認められていないというわけです。
 というよりも趣味の範囲でやるなら、この権利を得るための面倒な手続きをする必要が無いかわりに、
 漁業でお金を稼いでいる人を邪魔しちゃいけないというルールがあるわけです。


 なので、どれだけ魚を捕まえたら遊漁ではなく漁業になるのかという決まりはなく(たぶん)、
 義務と権利を持って魚を釣ることが漁業で、漁業の権利を邪魔せずに魚を釣ることが遊漁と解釈できます。

 ということは、漁業をする人の持っている権利を邪魔しないのであれば、
 例え、他に定職に就かず、捕まえた魚を食べたり売ったりして生きていても、遊漁の範囲内のようです。


 ちなみに、遊漁については使ってよい道具に関しても地域ごとに明確な規定があるのでご注意ください。

 
 海に潜って「とったどー!」だけで生きていく場合ですが、
 潜水具・簡易潜水具というものを使っていけないとあるのですが、
 これがどこまでを潜水具とするのかわかりませんでした。

 最悪、水中メガネも潜水具になるのでしょうか・・・?
 なので、細かいことを調べるのが苦手な人は、全裸&手づかみでならば、
 漁業権が特定の人にある生物を捕まえない限り、怒られることはないハズです。

 全裸は別のルールで怒られるとは思いますが・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。