スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本農業の可能性

 どうもこんばんはライネです。
 長らく続いた日本の農業編でしたが、いかがでしたか?

 農家さんそのものが抱えている厳しい現状があり、
 さらに日本全体でみても食べ物を輸入に依存しなくてはならないなど、
 先行きが不安な点ばかり目立っていました。


 ただし、完全にお先真っ暗かと言われるとあながちそういうばかりではないようです。
 TV番組の「ガイアの夜明け」、「未来世紀ジパング」から得た知識なのですが、
 日本の農作物の品質や安全性は世界的にもかなり高いクオリティにあるそうです。

 その分お値段は相当高くなってしまうわけなのですが、
 お金に余裕がある人達の中には、安全で品質の高い日本産の農作物を食べたいと思う人も
 少なくなく、作った分がしっかりと売れるのならば、農家の所得も安定し、
 新しく農家になろうとする人も増えてくるわけです。


 前にも説明しましたが、農業というのは人が生きていく上で絶対に必要な仕事でありつつ、
 十分な対価が得られなければ続けていくことができない仕事です。

 さらに天候や災害によって、安定した収入が得られないリスクがあり、
 他にもたくさん仕事がある国では、後継者が不足するというもろさを抱えています。


 この不安定さを解消するためには、十分な収入を確保できるようにすることだと思います。
 そのためにできることを考えてみますと、

 例えばアメリカのように国土が広く、大規模な農業が行える国ならば、
 なるべく手間をかけずに、大量に農作物をつくることで、
 安い農作物をじゃんじゃん他の国に売って、多少の不作がおこっても利益を確保しつつ、
 人件費に対する収入を高くすることができます。
 まさしく企業的農業のしくみがこれですね。

 ところが、国土が狭く農業に適した土地の少ない日本では真似ができません。
 なので、逆に付加価値をどんどんつけて、高いけれどもそれにふさわしい品質を武器に、
 他の国の市場も視野に入れて利益をあげていくというわけです。
 

 そして、日本の農業の追い風になるように、最近アジアの国々では、
 どんどん経済的に成長している国がたくさんあるようです。
 そのため、今までならば日本の農作物は高くて買えないと思っていた人々の中に、
 高くてもこの品質なら、買ってもいいかなと考える人が増えているそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。