スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風力発電の問題点

 どうもこんばんはライネです。


 今回の旅の道すがらも見かけたのですが、風の強い地域では巨大な風車が回っています。
 どうやら風の力を使った発電用の風車らしいのですが、
 ひとつ気になる点がありますので、今日はちょっと脱線して私なりの考察をしたいと思います。


 風力発電というのは、説明するまでもないと思いますが、風によって風車が回り、
 その回転をエネルギーに変える発電方法なので、基本的に永久に発電可能なうえ、
 環境にも優しいエネルギーとして注目されているようです。

 強いて言えば、ものによっては風車の回転音がうるさかったり、景観を損ねたり、
 風が吹かなければただの置物だったり、風向きが合わないと回らなかったりと、
 何かとあと一歩足りない部分もあるといえばあるのですが、
 その辺に目をつぶれば、少なくとも資源を食いつぶす心配もありませんし、
 安全性も高いエネルギーなわけです。



 急に話は変わりますが、「運動の第三法則」、もしくは「作用・反作用の法則」
 と言うものをご存じでしょうか?

 簡単に言えば、壁に寄りかかったとき、私は壁を押していると思っていますが、
 実は壁も私を押しているというような理論です。

作用・反作用の法則

 これを風力発電で考えてみると、ちょっと困ったことが起こっている気がします。
 というのも、風車は風に押されて回るわけですが、
 風は風車に押されてしまうのではないでしょうか?

風力発電

 これで何が困るかというと、風というのは空気のある天体の自転によって生じる、
 空気の移動なわけです。

風とは

 ということは、風を押し返しているということは、自転を止めようとする動きなのでは
 ないでしょうか?
 わかりやすく例えるならば、コマで例えてみましょう。
 コマの上で風を押し返しているわけなので、簡単な図にするとこんな感じになります。

コマと風車

 コマの自転によって生じる風を押し返しているので、
 コマの動きは鈍くなるという訳です。
 


 さて、自転が止まるとどうなるかと言うと、
 わかりやすいところでは、1日が1年になります。

 地球の公転は厳密には23.654時間で一回転しています。
 これに1日分の公転によって移動する時間がくわえられて、約24時間になっているわけです。

 で、自転が無くなるので、朝から夜になって、また朝になるまでの時間が、
 1年になってしまうというわけです。

 大雑把にいえば、1月1日に夜明けを迎えたら、大体3月くらいにお昼になって、
 6月からの半年は夜になります。

 太陽にあたり続ける半年は、とてつもなく暑くなり、
 夜の半年は、恐らく植物が生きていけない環境になってしまうでしょう。


 困った話どころじゃなくて、地球生命の存亡にかかわる一大事です!!
 という訳で、例のアノ日特集でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。