スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸魚川・翡翠海岸編①

 どうもこんばんはライネです。
 無事に北陸旅行より帰ってまいりました。

 という訳で、今日は今回の旅行についてご紹介させていただきます。
 1日目の話はすでにしましたので、2日目について。


 2日目は富山を朝から出まして、糸魚川に行きました。
 あいにくの雨だったのですが、出歩くには問題が無い程度なので、
 糸魚川で観光・・・というより、宝探しです。

北陸旅行2-1
 糸魚川から見た(たぶん)日本アルプス、もしかしたら妙高山かも。


 何故、糸魚川なのか、これについてはいくつか理由があるのですが、
 まずは、フォッサマグナの一端であることが大きいです。

 糸魚川にはフォッサマグナミュージアムという博物館があるのですが、
 まあ、こちらについては事前にかなり勉強してあったので、さておき、
 糸魚川の海では「翡翠(ひすい)」が取れるらしいのです。

 これには諸説あるらしいのですが、フォッサマグナの西端(糸魚川-静岡構造線)
 があるため、断層由来の鉱物が川の流れによって海に出てくるらしいのです。

 しかも、これは特に誰かの許可を得たり、お金を払う必要もなく、
 海岸に落ちているのを拾えば持って帰ってよいというのだから、
 いかない理由はありません。

北陸旅行2-2

 
 なお、普通に考えると、海まで流れた石は小さく砂状になってしまうため、
 海岸は砂浜ができやすいハズなのですが、ここの場合は、恐らく山と海が近く、
 川の流れが速いため、程よく大きな石(礫・れき)がゴロゴロしていました。

北陸旅行2-3

 さらに、例えば駐車場とかで、こんな風に石がゴロゴロある所を歩くと、
 その石のすぐ下に地面があるため、特に問題なく歩けるのですが、
 ここはどうやら下にも同じように石がゴロゴロとあるらしく、
 砂山を歩くような感じで、足元がふにゃふにゃしているのが面白い感覚でした。

 ちなみに、翡翠は川の流れによって海岸にたどりつくため、
 雪解け水の多いこの時期、さらに海の波の激しい時にねらい目らしく、
 まさにこの時期、そして雨の降ったこの日はねらい目だったようです。

 なので時間を忘れて探したのですが、残念ながら鑑定眼がないため、
 それっぽい石をいくつか探して、お開きとなりました。

 
 正直、先生の考える旅にしては、ものすごく面白かったです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。