スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家の後継者はなぜ不足しているのか?

 どうもこんばんは、ライネです。
 
 今日は、なぜ農家に後継ぎがいないのか。
 というお話です。


 これにはいろいろな理由があると思います。
 例えば、銀の匙や百姓貴族の中で描かれているように、
 農業が体力的にかなりハードな仕事だということはそのひとつでしょう。
 ただ、これが決定的な要素であるかといえば、必ずしもそうではない気がします。


 恐らく、その根本的なところは収入の不安定さにあるのではないでしょうか?
 まず収入の不安定さというところですが、基本的に生物を相手にしているのが農業です。

 生物を育てる以上、病気や台風などの気象条件や天災によって、
 予定通りの収入を確保するのは、なかなか難しいわけです。


 他の産業であっても、必ず予定通りに収入が得られるわけではないと思いますが、
 日本の農業の多くが家族単位の小規模経営であるため、
 収入の上前を撥ねられることが少ないかわりに、利益が出なければそのまま収入減というわけです。

 いってみれば、農家さんはひとつの家がひとつの小さな会社を経営している状況です。
 例えばコンビニのアルバイトなんかなら、たとえお客さんが少なくても、
 よっぽどのことが無ければお給料は変わらないのに対し、
 農業だとなかなかそういう訳にもいかないということです。

 簡単な言葉を使えば、ハイリスクでリターンが不透明とでも言いましょうか?
 もちろん完全にリスクがそのままやって来ないように、保険や共同組合のようなものは
 あるわけですが…。

 
 その他にも、新しく農業を始めようとしても、じゃあどうやって始めるの?
 という点、日本の農家さんの多くは家族経営なわけで、
 実家が農家な人は、小さい頃からやり方を学べるし、そのまま後を継げば農家になれます。

 けれども、農家出身じゃない人が農業をやろうと思っても、
 まずは土地を買って、家を建てて、道具を買って・・・と、
 自治体が支援してくれているケースも多いようですが、
 そこまでの決意をしても、先行きが不透明では、他の仕事の方がいいよね。
 という話になってしまいます。


 ちなみに現在では、こういった昔ながらの農業のやりかたとは違って、
 人を雇って農業を行うという形態も見られるようです。

 こうなれば、二次産業や三次産業と同じように人を集めて、農業をやって、
 働いた分のお給料が支払われるという形が作りやすく、農業をする人も増えてくると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。