スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州はいちご王国でもあった

 どうもこんばんはライネです。
 さて今日はもうひとつ気になる農作物について見て行こうと思います。

九州の出荷額別農作物上位5位

 昨日と同じように産出額別に見たときの各県の農畜産物トップ5をみると、
 福岡県の2位、佐賀県と長崎県の3位にいちごが登場していることが解ります。
 ちなみに図には登場しませんが、熊本県の8位もいちごです。

 また、いちごの収穫量を調べてみると、上位5位までに、
 福岡県、熊本県、長崎県と九州地方がばっちり入ってきているわけです。

いちごの収穫量

 なぜこんなにも九州でのいちご栽培が盛んなのか調べてみますと、
 やはり日本の中では温暖な気候にあることが強みの様です。
 ビニールハウスを利用した促成栽培を行うことで、
 11月ごろから収穫することができるのだそうです。

 また、それに加えて、九州北部のいちごが作られている地域には、
 稲作が盛んな地域との共通点が多いのも特徴です。

 実は日本では長い間主食とされてきたお米ではありますが、
 近年では作り過ぎてしまっている状況らしく、
 「お米を極力作らないようにしてほしい」という指示、
 いわゆる「減反政策(げんたんせいさく)」ないしは「生産調整」というものが
 取られているそうなのです。

 なので、九州北部の、以前説明した筑紫平野などでは、本来二期作も行えるらしいのですが、
 現在では二期作目を行わずに、イチゴを育てる二毛作が行われているケースが多いようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。