スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸地方の稲作

 どうもこんばんはライネです。

 今日は北陸地方の農業について見て行こうと思います。
 新潟県以外の3県は、新潟県に比べると米の収穫量は少ないのですが、
 県全体の耕地面積に対する稲作作付面積を見た場合、実はかなり僅差だということが解ります。

富山と新潟稲作の比較

 この数値は全国的にみると、とびぬけて高い数値でして、  
 北陸地域は他の地域に比べて、「農業の中の稲作が占める割合が高い」といえます。
 言い換えるならば、「農地として使えるならば稲作を行う」わけです。


 その証拠という訳でもないのですが、こちらの画像をご覧ください。

黒部川扇状地

 これは黒部川が作った「扇状地」です。
 通常、扇状地と言えば、水はけが良いため稲作には適さず、
 その代わりに畑作や果樹園となるのが基本だという話はこれまでにもしてきたのですが、
 実は画像に映っている耕地のほとんどが水田です。

 この黒部川扇状地は、扇状地に関する教材としても良く使われるくらいに、
 形の整った理想的な扇状地なのですが、前述のとおり土地利用が普通ではないという
 びっくり扇状地なのです。

 どうやら、黒部川扇状地も他の扇状地と同じように水はけが良い土地らしいのですが、
 稲作ができるほど水量が豊富にあるので、こうなっているそうです。
 やはりこれも雪が多いこの地域だからこそできる芸当なのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。